ビデオ撮影をするにあたり必須な照明。コスパ最高と名高い "YONGNUO YN600L 5500K 白色ライト" 購入。

今までライトが必要なときはレンタルしたり、手持ちのクリップライトやLED投光器で済ましていたわけなんですが、

やっぱりちゃんとしたライトの方が楽だし便利だという結論に至り、様々な方が購入しており、定評のある[YONGNUO YN600L 5500K 白色ライト]を購入。




今更感が大分あるわけですが、一応エントリー書いておきます。

LED600発でこの値段なので勿論中国製なわけなんですが、評価が高い

そしてものすごく軽くセッティングが楽に出来、手軽に使えそうっていうのが購入の決め手になりました。

通常はスタンドもごついものが必要であり、スタンドを倒れないように砂袋やウェイトを同時に入手する必要がありますが、

僕の場合は手持ちに使っていない三脚があるので、それをそのまま運用できます!


ライト本体と別箱で電源コード。


 端子はしっかりと日本のプラグになっております。


瀬戸さんは違うものが届いて怒っていましたが、今回は間違いなく5500kの白色600発のライトを購入しました。





本体と手持ちライト用のハンドル、検品所、説明書、リモコン、保証書がはいってます


ディフューザーもクリアと暖色あり、これだけでほとんどの場合は対応可能なのでは?


説明書は中国語と英語のみですが、直観操作で分かるので問題なしです


質感はもろプラスチック感満載です。


背面。ACケーブルがついているのですが、野外ロケなど電源がとれない場合でもソニー製のバッテリーいくつかに対応しているので、便利です。


電源ボタンがダイアル式になっており光を調光出来ます。クリック感もあり軽い


これは結構気が利く仕様 。1/4インチのネジ穴が切ってあり、カメラ製品全般に取り付けることが出来る。通常の三脚に固定できる!これは大変便利


LED600発は中々圧巻であり、蓮コラ的で気持ち悪い人もいるかも…笑


光量はかなり強い直視はかなり眩しい。バウンスかディフューザーは必須かもしれません


数値が0-99までの100段階であり、電源ボタン兼ダイアル部を回すことによって調節出来ます

僕はこのライトを料理動画を撮るために導入しました。基本的に撮影はライト2灯を左右に経てるモノだと思いますが、取りあえずということで購入しました。

今現状反対の補助光としてクリップライトを購入してあります。




正直取り回しにはクリップライトが最強だと思っています。

あとそこまで光量が広範囲で必要なことがそこまでないと思うので、大掛かりなビデオ撮影をする人以外はクリップライトをオススメします…

それ使ってみてやっぱ、もっと光量が必要だなってなれば今回僕が購入したビデオライト等の購入検討すべきですかねー

いやしかし、今後しっかりと動画を撮っていきたいのであれば初っ端ある程度いい奴を買うべき。

恐らく僕は1年以内に同じライトを追加購入すると思います。

※アマゾンでも類似品で間違った製品が届く等のトラブルが多発しているらしいです。しっかりとレビュー等でその製品が自分が欲しいものか確認して下さい。瀬戸さんの二の舞になります。




↑のリンクよりたどれば確実に白色5500kの600発が購入可能です。

瀬戸さんが間違えたのは300発300発でかつ5500k-3200kとの2パターン仕様のモノだったわけですが、ライトのケルビンを変えたいって人は一般の方の中ではほとんどいないでしょう。白色を買っておいて、カメラの設定でかえてしまえば一番良く、光量を落としてまで色温度を変える必要はありません…


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

僕なり【音フェチ】について調べてのまとめ。 pt2 ~録音に使用する機材~