YOUTUBERの親を持つということ ~メリットとデメリット~

YOUTUBERという言葉が市民権を得つつありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

YOUTUBEというのは広告収入が得られるのでアフィリエイトとして行っておられる方も大勢います。





勿論宇宙人ではなく普通の一般人なので、恋愛結婚もする。

子どもがいる人もいる。

そこで、今回は親が顔出しYOUTUBERな場合の家庭事情(主に子ども)のメリットデメリットを考えてみます。

何となくデメリットが多そうだったのでデメリットから

************************

【デメリット】

 -いじめられる

一番がこれじゃないかな。学校などで「お前の親は~」等でいじめられる可能性があるのではないか。これは芸能有名人などでも同じ可能性。勿論内容にもよるが…

ガジェット系とか商品レビューならいざ知らず、下ネタ、馬鹿企画系だといじめられる可能性は大きいよね…

 -誹謗中傷がネットにびっしり

例えば、いじめられたとする。その情報をネットで検索する。そうするとネット上には無数の親への誹謗中傷コメントがが見つかる。これは闇を抱えてしまいそう…

【メリット】

 -そこそこ金持ち

これは勿論大手の話ではありますが、YOUTUBEの広告収益だけで食べている人たちというのは、金は持っていると思います。例えば20万人規模の登録者数がいれば月収70万以上あると思います。

日本人ユーチューバー総収入ランキング
http://www.tuber-town.com/channel_list_c/all_yd_1.html

普通の企業サラリーマンの2倍以上はあり、裕福だと思われます。成功している自営業者と同程度…?

 -時間が自由に使える

これはフリーランスの仕事をしている人と同様ですが、自分で動画制作する時間や日時を自分の裁量で決めることが出来るので、時間が自由に使えることになります。子どもと一緒にいる時間を多くとることも勿論可能なので、それはいいのかもしれません。

************************

んーこのぐらいかなぁ大きいところは…

なんというか良い悪いってのは結局、各人がどういう展開をするかに因るところかなぁ。

勿論自営に近いと思いますが、基本的に資本金無しで始められるという点では

ネットアフィリエイトと同様。

稼ぎに上限はないので、才能のある人は凄くいい環境を築くことが出来る。

デメリットに関しては例えば顔出さずにYOUTUBEで成功していればその限りではないですし、下手を扱かずに僻み妬みをかわなければ発生しない…

結論。どっちにしろ先の展望を見て行動しようというところでしょうか。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。