今の時代バッテリー上がりはモバイルバッテリーで対処するらしいよ。Patech社のジャンプスターターも出来るモバイルバッテリー

普通バッテリーが上がったらJAF呼ぶか、他の車からジャンプケーブルで電気もらいますよね?それは面倒。金もかかるし

そういう状況の人がほとんどじゃないでしょうか。そこでこのジャンプスターターモバイルバッテリー。


Patech 3in1 ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 緊急起動器 【日本語説明書付き】 【24ヶ月保証】 モバイルバッテリー LED懐中電灯 保護機能搭載 出力12/16/19V






このセットの大きさは結構あるね

セミハードケースにいろいろと入っている

説明書は日本語ページもある

本体の質感はゴムなんだけど、ゴムのような強いグリップ感はない。不思議

内容物は

モバイルバッテリー本体
ジャンプケーブル
USB、マイクロUSBケーブル
DCケーブル
DCケーブル端子変換アダプタ数本
シガーソケット用充電ケーブル
ACアダプタケーブル
説明書
セミハードケース

本体側面に各種

出力 12v、16v、19v
LEDライトスイッチ
5v、2.1AのUSBポート2つ

mobileバッテリー充電用入力
最後にスイッチのオンオフ

側面縦位置片方にLEDライト

反対側にジャンプケーブル挿入口

取りあえずUSBでスマホ充電してみる

この通りばっちり。急速充電対応だね

LEDライト点灯。3種類あって

通常点灯
SOS点灯
点滅

ディスプレイ。パーセンテージが数値でわかるのは良い。あと現在の設定が表示される

次はパソコンに給電してみます。パソコンのACアダプタに記載されている電圧を確認する。出力とかOUTPUTとか書かれているところ、僕のは19V

端子を確認して、ささるものでモバイルバッテリーに接続。

この通り。ばっちりLED点灯して給電されていることが分かる
はい。次はいよいよ ジャンプスタートをやろうかと思いますが、取りあえずバッテリーを95%以上に充電しろと。

充電するためにINPUTへACアダプターケーブルを挿す

スイッチのすぐ横

これ使う。壁の充電器

充電中は表示が点滅する。

充電がすんだら早速、バッテリーのジャンプスタートが出来るか試します。とはいっても、バッテリーは特にあがっていないので、"擬似バッテリー上がり状態"を作ります。マイナスにつながれているケーブルをバッテリーより外します。

ジャンプスタートって僕も初めてやったんですが、説明書読んだら簡単でした。赤を赤(+)へ、黒を黒(-)へ繋ぐだけ

赤は+

黒は-。※ここのケーブルをバッテリーから外して擬似バッテリー上がり状態を作っています

エンジン始動できるか

問題なく一発起動

うん。普通のモバイルバッテリーよりデカいから普段持ち歩くのはかなりしんどいが、車に一個入れておけば緊急時にいろいろと重宝しそうな感じ!

凄いよね。色々と応用が利くというか。
電気を持ち歩いている。



コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。