Mpow_スポーツタイプブルートゥースイヤホンマイク_Swiftの取替用イヤーフックが種類豊富すぎ笑





白い箱

シンプルな小箱という感じ

箱が二個入っている。ンでこの白い紙で持ち上げられるようになっている。これは凄い親切。ありがたい

説明書は下にある。

日本語の説明もばっちりあります。

黒に水色

メタリックブラックかな。指紋が気になる人もいるかもしれません

マイクロUSB挿入口がある。この蓋が開けづらい

爪でがしがしやってやっと空く。これは仕方ない。恐らく汗や水で水分が入らないようになっているはずだから

イヤホンプラグがS,M,Lとある

イヤーフックは2種類。ストレートとアーチ形。が、各3サイズ

取りあえず、Mpowボタンを長押ししてペアリングモードにはいる

スマホ端末でブルートゥースをオンにする

検索が始まり、タップすると接続される。

ボタンは

Mpowボタン
+、-ボタン

がある。

【音楽再生時】

Mpowボタン → 再生、一時停止
+ボタン → ボリュームアップ
-ボタン → ボリュームダウン
+ボタン長押し → 曲送り
-ボタン → 曲戻し

【着信時】

Mpowボタン → 着信対応(受信、切る)
Mpowボタンダブルクリック → 着信拒否

【待機時】

Mpowボタンダブルクリック → 最近番号へのりダイアル


取り外しできるので、好きなサイズに変更する。イヤーフックは、一度イヤープラグを取り外してからつけるのがいいのかどうなのか。
ちなみにイヤーフックには二種類ある。

耳につけてみる。イヤープラグを入れて

耳内部のくぼみにイヤーフックをかける。これによってイヤホンマイクが外れにくくなる。

右左用ってのがあり、ケーブルとの境目に書かれている。

スポーツタイプは首からかけられるので使いやすいよね。
普通のブルートゥースイヤホンよりは、スポーツタイプの方が個人的に使いやすいと思う。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。