製品レビュー動画を取り易くしようと思って、Manfrottoのダブルスーパークランク038を導入してみたが・・・

最近製品レビュー動画を作成することが多くなったので、もうちょっと撮りやすい環境作りをしようと、Manfrottoのダブルスーパークランプ038を買ってみました。


Manfrotto アクセサリー ダブルスーパークランプ 038


クランプっていうことで、なんでもはさめるわけですよ。照明やらカメラやら双眼鏡やらをポール状のものに取り付けるときに主に使います。他にも応用的に使用することもできるらしいです。

知ったのは以前ライブ撮影に入った時に、正面撮影用のカメラを天井に張っているポールにスーパークランプ035を噛ませて撮っていたから。






アマゾンで中古美品のやつを購入。6000円ぐらいのやつをギフト券500円ぐらい使って買ったので、5,500円ぐらいで買いました。ちなみにこれはダブルってついている通りスーパークランプ035が二つ連結されているものです。ネジで取り外せばスーパークランプとしても使用できます。


Manfrotto アクセサリー スーパークランプ 035


箱開けたらこれ。軽い梱包ぐらいしてくれ

説明書に大まかな使い方と、その用途に必要な製品写真、カタログ番号が打たれている。

注意事項の紙も別途付属

使い方は簡単で、ただノブを回して掴みを開閉するだけである。

ここのノブはスレッドとかマジックアームとかを挟みこんで使う場所の締め付けノブ
僕がやりたかった通りにセッティングをしたものがこれである。

三脚のセンターポールを逆さまにさし、その雲台部分にカメラをまず一台。普通はフレームやらケージやら、ブラケットなりを使ってカメラを通常方向で取り付ければいいんだけど、編集上で映像は反転させればいいだけだからと物は買わなかった。

そんで、三脚上。センターポールを少し残してある。その場所にダブルスーパークランプ038を噛ませて、一方のクランプで一脚を噛ませる。

その一脚の先に雲台をのせて、2台目のカメラつける。
つまりやりたかったのは正面うちの映像と真俯瞰の映像を同時に撮るということ。今までは正面→真俯瞰→正面と撮っていた。このセッティングの手間を省こうとしたわけです。

これが逆さ付けのセンターポールの先に反対に取り付けたカメラの映像

これが一脚の先の雲台に取り付けたカメラの真俯瞰映像

製品レビュー、紹介動画としてこの両方の画は必須であると思われる。

それを同時に撮れるのはめちゃくちゃ良いが、今回のセッティングでは微調整がしづらいので、他の案を考えたいと思う。

ともあれダブルスーパークランプ038はとても優秀。耐荷重15kgもあるということで、リグをばっちり組んだ業務用カメラ等もつかむことが出来る。

マジックアームやカメラネジスレッド等と一緒に活用すればさらなる面白いことが出来ると思うので、今後それらの導入を検討している。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。