DBPOWR社USB内視鏡カメラで水道管の中を見てみたら汚過ぎた

DBPOWRさんからUSB内視鏡カメラ(スネークカメラ)の提供品を頂いたので試しに水道管の中を見たら汚かった。


DBPOWER USB内視鏡 スネークカメラ 200万画素 CMOSカメラ搭載 8.5MMレンズ IP67防水仕様 調節可能なLEDライト6灯搭載 磁石、ミラー、フック、スリーブといったアクセサリー付き (7M)

内視鏡って知っていますよね。病院とかで聞くあれ。口や鼻から通して胃の内部を観察する超小型カメラ。それのUSB接続版がアマゾン等で売っていますね。






内容物

USB内視鏡カメラ本体
先端に付ける付属品(ミラー、磁石、U字フック)
説明書
キャプチャ、モニタソフトが入ったCD

説明書が英語と中国語であり、カメラ自体はパソコンのUSBに挿すだけなので問題ないが、キャプチャ、モニタソフトの使い方がイマイチ解説されておらず、そこは-ポイント

このサイズ感。超小型カメラ。

先端に付けるアクセサリ。やはり細い場所に入ったものを拾い上げるようなアクセサリ群である

試しにフックを取り付けるとこんな感じ。アクセサリをとりつけるのはなかなか簡単ではない。小さいので仕方がないが

今回の製品は調光が出来る。調光のダイアルはUSB側についている

付属のCDをPCに入れて

マイコンピューターよりCD起動。CD内にある"Smart Camera"を起動させる。



モニタリングが出来る。
かなり接写してもしっかりとピントはくる。
LEDは6基ついており、調光できるのは便利。マクロ撮影において光は絶対的に必要であるから、この機能はスネークカメラを使い際は必須。

手のひらのしわも映る。

写真のデータ詳細。画質はお世辞にも良いとは言えない

動画も撮れる。HDサイズでビットレートは7Mbpsぐらいだろうか。30fps。

出力拡張子はAVIファイルで、音声などはマイクなどをミキシングして動画として出力が出来る。

このソフト。なぜかエラーがでて閉じられない・・・笑 タスクの終了をするしかないのか・・・

王道の使い方として水道管の中を見るというものをやってみる。案の定汚い。ここに例えばものを落としてしまった時などに確認したりできるわけである

PC画面にこのように表示させることが出来る。画質は良くないが、ものを確認するには必要十分な画質。

基本的に普通のUSBカメラと変わらないので、ツイキャスなんかに映像を飛ばすことも可能である。

今回の商品は7Mもあり、なかなか長い。長い排水管や細長い場所等でいきてくる。

勿論本体は防水加工されているので水場なんかで使用してもよい。

うん。使い道はかなり限られているけど、面白いカメラだとは思う。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。