Anypro社のアロマディフューザー。プラスチック製でこわれ辛く、自動停止機能があるので就寝時も使いやすい。

Anyproさんからアロマディフューザーの提供品をもらいましたので、レビューしていきたいと思います。野郎なんかがどういう間違えでアロマディフューザーを使うのか。

答えは簡単ここだけの話、お客さんが来る時にだけ使いたい。






エニープロ Anypro アロマディフューザー 超音波式 加湿器 アロマポット ライト 多色変換LED付き


外装はこのような感じ。最近シンプルな箱がはやってるのかな。帯掛けはされている

後ろにスペック。

内容物は

本体
説明書
給水用カップ
AC電源

説明書はばっちり日本語で書かれている。

ボタンは二つライトとミスト。そう、その通りライトとミストが別々に使用できる。ライトだけのインテリアとしても使えるし、ミストだけでも使える。これは便利な構造だと思う

アロマオイルやエッセンスオイルは付属しないので、別途用意しましょう。
というかアロマオイルとエッセンスオイルって一緒だと思っていたけど違うんだって。アロマオイルは100%天然ではないんだって。エッセンスオイルや精油は100%天然。


マックス量の線がある

後ろにケーブル端子挿す場所がある。ここで細かい配慮。しっかりとケーブルをつかむフックがある。これでケーブルがぐらぐらしない。ここはポイント高い

水道水を入れて

エッセンスオイルを2.3滴たらす。

ライトは7種類。強さもそれぞれ2種類あるのかな。

ミストボタンを押せばこの通り。
ライト自体はLEDらしく、無音です。光はかなり柔い。恐らくカバーが白が強く透明度が弱いので、かなりディフューザーの役割を果たしていると思われる。

ミストにはモードが2種類。なくなるまでひたすら蒸気を供給する間欠モードと、30秒間隔で蒸気を出す間隔動作モード。

就寝時などは長時間持たせないといけないので間隔動作モードを使用されたし。

ライトは長押しで電源オフ

ミストは間隔動作モード、間欠モード、オフのロータリー式。



コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。