UC50という小型LEDプロジェクターを一眼の上にのせてパラレルなループ映像を野外で撮りたい!

カメラとモニターでパラレルな世界を作るっていう動画を以前パクりました。はい、確実にパクりました。なんだか楽しそうだったから。




これを野外でやってみたいっていうことで、小型プロジェクターを買ってみました。韓国製のUC50という製品。

怪しい通販サイトAliexpressで1万4千円ほど。





おまけでHDMIのハイスピードケーブルがついてました!

箱はシンプル。海外から来たっていうことで若干潰れがあった・・・気になる方は店舗購入してよ!

説明書は全部中国語!日本語はないので要注意

何となくわかるのが対応拡張子欄と

スペック表。

内容物は簡易三脚(100均のそれと全く同じ…)と

吸盤にネジ穴がある。これがまさかなんだけど、三脚への固定がこの吸盤で吸わせての固定なんだよ。そんな不安定な固定で製品出していいの買って思うけれど、、、それがありなのが韓国!?

USB/DCケーブル

AVケーブル、スーファミを思い出した

リモコン

本体はかなり小さい。手に持つとこのぐらい

イヤホンアウト、AV入力、HDMI入力

FOCUSダイアル、USBチャージポート、DC IN

個々をスライドで電源ON/OFFのよう

この面がよくわからない O-keyというボタンとUSB、マイクロSD挿入口

リモコンにはボタン電池が既に入ってます。

こうやってこう。で三脚に立てるらしいんだけど、この吸盤普通のじゃない?凄い不安だと思っていたら、実際にプロジェクター落としたらから固定方法は別で考えたほうがよい

本体にもバッテリーは内蔵されているんだけれど、もし長時間使用したい場合は外部モバイルバッテリーからUSBチャージんぐが可能である。

レンズ部のスライドをあけると上部にあるLEDランプが点灯される

LEDにすることでプロジェクターの低価格化が実現したらしいよ(豆知識)

実際の起動画面。起動には少し時間がかかる。

三脚に固定するとこんな感じ。

右上に残量バッテリー表示

左下にメディア認識がされている。つまりこのプロジェクターには、USB、マイクロSD,HDMIからデータを入力できるわけである

何となくプロジェクターの紹介が終わったところで本題に入っていきます。一眼カメラにのせて、プロジェクターにHDMIケーブルで映像飛ばして、それを壁に映写して、それをさらに一眼カメラで撮って、というループできるようにセッティング

これが全貌である。まず上部。プロジェクターをボール自由雲台にのせる。HDMIケーブルをINする

下部。カメラシューにシューアダプターを噛ませ、自由雲台。HDMIアウトにケーブルを挿入。

起動!

出来た!これがやりたかったわけである。

なかなかのパラレル感

普通のものもかっこよく?

こりゃ遊べそう

動きのあるものが楽しい
こんなことを出来ても何に使うのかという疑問もあるでしょう皆さま。

これでMV撮りたかったわけですよ僕は。

で実際、その撮影は行いました!

今月の下旬か来月の頭には出せると思うのでこうご期待。



コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。