Xiaomi Redmi Note 3 のカメラ性能やいかに。スペック、機能詳細、サンプル

Xiaomi Redmi Note 3 のカメラ性能やいかに。スペック、機能詳細、サンプルの説明をしてみたいと思います。結論を言うと、並みのスマホのカメラ性能です。




【スペック】

背面カメラ:1300万画素(F値:2.2)
フロントカメラ:500万画素(F値:2.0)
機能:オートフォーカス、位置情報タグ、露出コントロール、ISOマニュアルモード、ホワイトバランスプリセット選択、HDR撮影、パノラマ撮影、シーンモード

-ビデオ
サイズ:フルHD(1920x1080/30p)、HD(1280x720/30p,120fps)、SD


背面の中心上にカメラがあり、そのやや下にデュアルLEDライト

フロントカメラは右上。
HDR撮影とは何か。複数枚の露出の違う写真を撮影していいとこどりで合成してしまおうという機能である。例えば、白飛びしないように露出を設定したら他の個所が暗くなりすぎてしまうということが起きる。そういうことにならないようにするのがHDR撮影。画面全個所を見やすい露出、色調で再現できる。動かない被写体であればHDR撮影するのが良いと思われる。欠点は複数枚とる時間が必要なので動く被写体や、動きながらの撮影は苦手。


左スワイプすると写真のファンクション。内容としては

・パノラマ
・セルフタイマー
・マニュアル
・グラディエント
・美肌モード
・場面選択

パノラマはご存知の通り、右から左、又は左から右にカメラをずらしていってパノラマに画像を繋ぎ合わせる写真です

セルフタイマー。4種類から選べる

・オーディオ
・3秒
・5秒
・10秒

オーディオとは、音を発してから3秒後に撮影が可能。例えば手を叩くのを合図に3秒後に撮影などが可能である。これは面白い機能

マニュアルモード。選べる範囲はホワイトバランス(色温調整は出来ない。あくまでプリセット選択)とISO感度選択(100,200,400,800,1600)。マニュアルモードあるのは素晴らしい。

グラディエント機能。調べると、どうやって携帯持って写真を撮っても画像の水平を出してクロップしてくれる機能らしい。ルーズに撮影したい人向け?

ビューティーモード。美白モードです。自撮りする時なんかに使うと肌がきれいに撮れると。

シーンセレクト。デジカメとかにあるようなシーンはあるね。

・オート
・ポートレート
・風景
・スポーツ
・夜景
・夜ポートレート
・ビーチ
・スノー
・夕焼け
・花火

あと右側にスワイプするとフィルター系がある。

・モノクロ
・ビビッド
・イエスタイヤー(昨年)
・ブラー(ぼやけ)
・魚眼
・モザイク
・ダウン
・ジャパニーズ
・オータム
・インディゴ
・通常
・ミラー

写真撮影時の設定ページ1

・撮影時タグ
・カメラシャッター音

・日時刻時
・グリッドライン
・QRコード読取

・押下設定(撮影ボタン長押しで連写等)
・写真アスペクト比(4:3、16:9)
・写真クオリティ(high,standard,low)
写真撮影時の設定ページ2

・美肌モードオン時に年齢と性別を表示してくれる。(写真には関係ない?)
・撮影ボタン割り当て設定
・フリッカー現象軽減機能
・露出測定設定(画面全体、中央、測点)
・コントラスト設定(low,middle,high)
・彩度設定(low,middle,high)
・シャープネス設定(low,middle,high)


フラッシュはデュアルLED。動画撮影時は常時点灯が可能

動画時のモードは、微速度撮影(タイムラプス、インターバル)とスローモーション(HD、120fps)

ビデオ設定はこんな感じです

・撮影場所タグ
・シャッター音(消音出来る!)

・動画撮影中に静止画撮影
・ビデオサイズ(フルHD、HD、SD)
・タイムラプス時の速度(2,3,4,5,8,10,15,30,60秒)
画像が多少圧縮されていると思うのですが、何となく雰囲気でも分かればと思います。


HDR


HDR


HDR


HDR


HDR

説明を追加






















LEDフラッシュ撮影




動画サンプルはこのページの最初らへんに埋め込まれているYOUTUBE動画の最後の方にあります。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。