【NP-FW50】ソニー_一眼カメラ用の最強バッテリーシステム?【モバイルバッテリー×USB充電器】 ※出先でもモバイルバッテリーの数があれば永遠と充電出来る

ソニーの一眼カメラ。動画を撮るにはなかなか素晴らしい性能を持っていますよね。僕も愛用しているα7とRX10m2。

何か不満な点を述べるとしたら、その一つにバッテリーの持ちの悪さがあると思う。それは同じように思っている人も多いと多い。




実際購入時にバッテリーは2個入りだし、撮影しているとだいぶ早くパーセンテジが下がっていくのが分かる。

これをどうするか。

通常はAC電源を取れるところで撮影するのであればDCカプラー等を使用する。


ソニー ACアダプター AC-PW20


安いし無限にカメラ回せる。室内撮影等であればこれが一番最強。欠点はケーブルがあるから、それを気を付けなければならないというところ。

室内であれば基本バッテリーの問題はない。カプラー使ってもいいし、複数電池を使用しながら充電すれば、たいていの場合、問題ない。

問題は電源が取れない場所での撮影。野外。

1番最初に恐らくするのは、単純に手持ちのバッテリーを増やすというところ。取りあえず多くバッテリーを買う。α7の場合、バッテリーが結構高く、たくさんはなかなか買えない・・・


ソニー リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50

定価で8,000円。アマゾン価格で5,000円ぐらい。うーん高い。

そこで見るのが互換バッテリー。超絶安く1,000円前後である


DSTE® アクセサリーキット NP-FW50 互換 カメラ バッテリー 2個+充電キット対応機種 Alpha 7 7R II 7S a7 a7R a7S a7R II Alpha a3000 a5100 a6000 NEX-3 NEX-5 NEX-6 NEX-7 SLT-A37 DSC-RX10 II

うん、まぁ使えると言えば使える。しかし、容量が純正と同じほどなくかなり少ない。純正バッテリーの5~6割の容量しかない。使える時間が少なく、バッテリー変更を多くするのはかなり手間である。

それと、互換バッテリーというのはこれまで様々なトラブルを起こしている。(肥大化、発火、ショート)

基本的には仕様を控えたほうが無難であろう。

うん、じゃあどうするか。

一番いいのはVマウントバッテリーシステムを組むというもの。映像業界では恐らくこれがスタンダード。Vマウントバッテリーシステムとは何か。

簡単に説明すると、先ほど話したDCカプラーへの電気供給元に超大容量のリチウムイオン電池を持ってくるということ。

http://tsubuzorotta.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/06/movietube_camera.jpg

赤く囲われているのがキャノンの一眼カメラ、そして大容量バッテリーは一番後ろについている四角いもの。これが1個あれば、個人で行う撮影、カメラへの電源供給のみであれば一日の撮影は軽く持つらしい。

だが・・・見て分かる通り完璧"業務用"って感じで気軽にカメラの取り回しが行えない。まずカメラリグっていうものを買って、こう色々と装着していかないといけない。

最低限必要なものとして

・カメラリグ

Filmcity BELLY CRUZER - DSLR Steady Camera Rig (FC-BC-DSR) スタジオ機材 プロ機材 カメラリグ

・Vマウントバッテリー用電源プレート


Lanparte 超薄型 Vマウントバッテリー用電源プレート Dタップ出力 HDMI分配器内蔵 15mmロッドレール対応

・Vマウントバッテリー


DUO-95 IDX Vマウントタイプリチウムイオンバッテリー

・Vマウントバッテリー用充電器


Helin リチウムイオン電池(Vマウント)用充電器 HL-2CB

これらが必要。全部買ったら、15万円ぐらいは必要になる。

個人としてはあまり現実的じゃないわけですよ。重量もそれなりに重くなって手持ちだとなかなかつらく長時間回せないし、三脚使うのが基本になる。

見た目がいかつすぎて、街中で使うには人目をかなり引く。

前置きが長くなりましたがここからが僕が今回やってみて使えそう!って思ったことです。

USBから給電出来るNP-FW50用充電器とモバイルバッテリーを使用して、撮影中にバッテリーを充電してしまうということです。

USBより給電出来るNP-FW50用充電器。最初からこれを買っていれば、知っていれば、、、って正直思いました。1個1000円ぐらい。



【PCATEC】 SONY NP-FW50対応新型USB充電器☆LCD付4段階表示仕様☆USBバッテリーチャージャー ☆NEX-7K/NEX-6/NEX-5N SLT-A55V/SLT-A33/ NEX-5A等対応 (USB充電器☆LCD付)


その前に取りあえず中古の純正バッテリーを2個追加で買いました。

楽天で5000円ぐらい。ポイントがあったので、それ使って4000円。純正品2個のやく4分の1の値段で手に入れる。

PCATEC社のバッテリーチャージャー。ソニーだけでなく各社(ニコン、キャノン、オリンパス、カシオ、パナソニック、富士フィルム)用のものもあるので、どの一眼用バッテリーでもいけるよ。

内容物は充電器と、USB/マイクロUSBケーブル

バッテリーをはめて

ケーブルを繋いで

それをモバイルバッテリーへ接続

この通り充電開始される。

とても便利なのが、モバイルバッテリーの接続ポートが複数あれば、その分だけ同時にバッテリーを充電できるというところ。
撮影中にバッテリーを同時に2個、3個充電しとけばいい。複数回充電を繰り返す場合はモバイルバッテリーを複数個持たなければならないが、ご存知の通りモバイルバッテリーは最近かなり安く手に入る。

大容量のものでも3000円とかそのあたりである。NP-FW50 純正バッテリーよりかなり安く購入できる。

【メリット】

・AC電源取れない場所でもバッテリーの充電ができる
・純正バッテリーを用意するようにも格安でモバイルバッテリーは購入できる
・Vマウントバッテリーシステムのような重装をしなくてよい
・モバイルバッテリーが複数個あれば、複数回充電を繰り返せる


【デメリット】

・荷物が増える、重くなる


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。