プラダンでレフバンをDIY

プラスチック段ボール通称プラダンで割と大きなレフバンを作りたいと思います。

以前も作ったんですが、どこかのタイミングで別の代用品になってしまって、そのままばらばらに。。。ダイソーで買ってきた貼れるパネルを利用していたんですが、今回探していたら全然売っていない。

店員さん曰く取り扱いがなくなったわけではないといっていましたが、5店舗回ってどこにもなかったので諦めました。

たまたま家に合った1*1ぐらいの黒いプラダンがあったので、それで作ろうと思った次第です。




プラダンは大体500円ぐらいですかね。ホームセンターなどに売ってます。
あとはアルミホイル。これは100円均一。模造紙も100円均一。

ということで700円ちょっとで作れる。

めちゃくちゃ安く、すぐできる!っていうわけではないですが、作るのが好きなのでその辺は度外視。


Selens 5-IN-1 撮影用 三角レフ板 ポータブル 折りたたみ可能 80cm (1枚で5色対応-金/銀/白/黒/半透明)



Neewer® 35" x 70"/ 90 x 180cmスタジオ撮影ゴールド/シルバー&ブラック/ホワイト平面パネルライトレフ板、360度回転可能な固定用ブラケットが付き、キャリングボックスが付属


プラダンは割と大きいので持ち運び時にたためるようにします。あと開いて立てたりもできますし

鏡開き式にします。めぼしい場所で型をつけて、その型に沿って半分だけカッターで切ります。プラダンって中が空洞になっているので、その片側だけ切るっていうことです。

2か所を切ると鏡開きできる方式に


補強のために黒いテープで止めます

あとはアルミホイル貼っていきます

何となくくしゃくしゃに

全体に張り終わったら、4辺をテープで補強します。
反対側には白い模造紙を貼りました。裏表を切り替えれば白レフと銀レフになる方式。

効果てきめん。ヒゲ沿ってなくて汚い顔でごめんなさいですが、はっきりと明るくなっているのが分かると思います。電気は天井の電気だけで、それをレフバンで反射させています。

写真にしろ動画にしろ光っていうのは綺麗な画作りで一番大切なことだと思うので、ちゃんと行ったほうがいいのだと思いました。

光と構図。これが僕の今の課題です。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。