割と評判が良く安いAmazonベーシックのビデオ用三脚雲台。ずっと気になっていたので人柱的に買ってみた。

割と評判が良く安いAmazonベーシックのビデオ用三脚雲台。ずっと気になっていたので人柱的に買ってみた。

というのもほとんどレビュー記事や動画がない。

知りたい情報がない。というところで、「もう人柱的にやるしかない!」とかってに責任感を勝手に燃やしたわけです。





徹底的にレビューしようっていうことで細かいことを喋っているとものすごく長い動画になりました。説明欄にスキップリンク張ってあるのでみたい箇所だけ見ていただければと思います。

まず始めに

ビデオ用三脚雲台としては激安。僕が購入した時で7,000円。もっと安い時期もあるようですが、ビデオ用三脚雲台で7,000円は凄い。

エントリークラスの三脚とビデオ雲台を普通に買うと最低でも2万はかかるかなぁーって感じの市場ですよ。

プロ仕様のものになってくると20,30万円はざらです。

その中で7,000円。こりゃ質が悪いんだろうなと思うじゃないですか。

いやしかし、アマゾンレビューの評判は割といいわけです。こうなると気になる。

そういったいきさつがあって購入に至りました。

*********************

基本スペック

Amazonベーシック ビデオカメラ三脚170cm


 付属機能、特徴 段数:3段、脚ロック方式:レバー式、石突:2WAY石突、クイックシュー、水準器、三脚ケース付属、最大/最小パイプ径:30/21mm
耐荷重 6.8 Kg
商品素材 アルミ
縮長(cm) 78.5 cm
全高(EVあり) 170.5 cm
最低高 52 cm
雲台タイプ 2WAY雲台

amazon購入ページより

*********************

大きい箱が届きました。

内容物はソフトキャリイングケース

三脚

マニュアル(説明書) ※日本語有り


クイックリリースプレート二つと

ビデオ雲台

六角レンチ

雲台部分、全体的に鉄というずっしり感があり

左右にパン棒を取り付ける部品がある。どちらも取り外し可能である。

クイックリリースプレートは安全ロックもしっかりとついている。1/4、3/8、どちらのネジも付け替えが可能。付属。

パン棒が2本ある。。。左右につける?両手で動かすとよりスムーズなパン、チルトが可能なのかな?フォーカスとかいじれなくなるが

パン棒の締め付け。パン棒の締め付けと、パン棒固定具の締め付けが同じ一個のネジで行われているので、ギザギザの溝を上手くはめながら、パン棒を好みの位置に調節する

三脚の石突部。ゴム製。取り外しが可能で

外すとプラスチックボールがあり。それぞ回すとスパイクが現れる。

段階は3段階で。ロックはレバーロック方式。緩んできてもネジを締めることが可能

三脚上部とセンターポール。三本中二本にスポンジが巻かれている。

三脚の角度調節はノック式。押して下にずらすとカチカチと角度を調節できる。開いた状態から閉じるときはノックを押さなくてもずらせる。ノックはプラスチック製

三脚天井。3/8インチネジかなたぶん

三脚にビデオ雲台をのせる。なんだかパンがかくかくする・・・
このカクカク。購入前に僕はアマゾンの商品レビューを読んでました。再度見返します。


初め雲台が固定されず悩みましたが

よく見ると三脚の雲台取付部に芋ネジが3点あり
付属の六角レンチで締めると固定されました。
皆様のレビューどおりの良い三脚だと思います。

とな。ただのせて回転させるだけで固定できるわけではなく下から芋ネジを締めないといけない


ここですね。これは三脚のセンターポールを伸ばして下から見た上部。この三つの芋ネジが締めなければならないネジなわけです

雲台をのせて

付属の六角レンチで締め上げる

これでようやく、パンチル操作できる状態になりました。

ミラーレスごときじゃお辞儀しません。余裕。

センターポール下のネジを外して逆さまに入れれば
裏技的三脚の使い方。真俯瞰アングルも作り出せる。



一番伸ばしたら170センチより高いと思う。僕が170cmぐらい。レンズ位置は180cmぐらいかなぁ?

足縮ませるとこのぐらい。80センチぐらいか?

足の開脚をさせ、スパイダー状にするとさらに50センチぐらいの高さまで落とせるが、石突がこの角度に対応しておらずしっかりと地をつかめない。少し加工が必要するほうがよさそう。

映像を反転させる必要があるが、このぐらいのローアングルでもいける。ブラケットなどを使えば、通常方向での固定も出来ると思う

付属のソフトキャリイングケースは。雲台を取り付けたままでも入れることが出来る。まぁいい。だが、

クッションが薄すぎ。長時間もっていると方とか背中とか痛くなるかも

感想としては、まぁまぁ使えそうかな~?といった感じ。完璧ではないと思うが、価格を考えると高コストパフォーマンス。
1つ問題があって、パンロックが完璧に出来ない。



パンロックはこのネジで指では締めづらく。強く巻いても完璧にはロックできてなさそう

分かりやすいようにセンターポールにしるしを入れる

パン棒でぐいっとやるとセンターポールごと回る

僕はパンロックをそこまで強固にすることはしないのでいいですが、必要な方は少し考えたほうがよさそう
7,000円だったらめちゃくちゃいいと思う。

凄く快適に撮影できる三脚雲台とはいえないけど、通常撮影なら問題ない。

もう一つあったら良かったなと思うのは、簡単にレベリングできる構造。センターポールレベラーなどの仕様にしていれば完璧。

水準器はついているが、レベリング機構がないので、足の伸縮によるアナログ的なレベリングをしなければいけなくなるだろう。



コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。