初めてMNP移行していきます。移行元が[b-mobile]で移行先が[DTI]です。

初めてMNP移行していきます。移行元が[b-mobile]で移行先が[DTI]です。普段生活しているとキャリア店舗に必ず掲げられていますよね。

「他社からのMNP移行でキャッシュバック ○○○○○○円」

キャッシュバックは今回ありませんが、通信の掴みがあまりよくないと言われているb-mobileの音声通話付きシムから最近音声通話付きシムを発表したDTIのものへとMNP移行してみます。











流れを簡潔に書くと

1.b-mobileよりMNP予約番号取得
2.MNP予約番号を用いてDTIシム申請
3.シム受取、端末設定

こんだけです。簡単。


b-mobileからMNP移行します

b-mobileのMNP予約番号取得はネット上からできます。b-mobileにはマイページがあり、そこにログインしてメニューから申請します。

ログインIDは、登録したメールアドレスのようです。それとパスワードでログイン。

分からなければ、登録した際に使用したであろうメールアドレスで検索をかけましょう。

ログインするとマイページにいける。契約状態の確認が出来る。電話番号やいつから契約しているか、サービスプラン名など

下の方へ行くと各種メニューがある。その中ミニ上にMNP予約番号取得というタブがある

入るとこのような画面。規約等が書かれていて、下の方にUSIM番号の記入欄がある。USIM番号は契約した際に送られてきたカードに記載があるので要参照。それを入力してMNP予約番号申請ボタンをクリック。

完了画面がでてMNP予約番号取得申請は完了です。

ここでMNP移行する際の注意ですが、MNP移行する間に少しの期間、電話番号と通信が途絶える可能性があります。即日発行の場合はいいのですが、店舗がない通信業者を使用する場合は2,3日つながらなくなる場合があるので、そこはよく考えてからMNP移行しましょう。

ちなみにDTIは店舗がなさそうでした。


予約番号して数時間後かもしくは翌日にメールで通知が来ます。MNP予約番号通知

予約番号が取得出来たら、MNP移行先の手続きを始めます。今回はDTI。

サイトで料金体系や内容を確認します。

問題がなければ申し込みをしていきます。

規約とメールアドレスの記入を促される

完了。

記入したメールアドレスへ申し込み用のURLリンクが送られてくる

リンクへ飛ぶと契約内容やシムサイズを選ぶページにいく。

シムサイズは間違えの無いように。再発行にも手数料がかかったりかからなかったり。

契約内容とシムサイズを決めれば、あとは個人情報を入力していきます。と同時にMNP予約番号や

支払元のクレジットカードの番号などを入力。

入力して進むと入力内容確認場面にとばされる

確認をすると終了。

どういった過程を踏むか説明されます。

契約内容の確認メールがきます。

4日後シムが手元に届きました。受取には本人確認が必要です。

別書類も別途届きました。契約内容の書面確認用です。しっかりと保管しましょう

いつもどりのDOCOMOのカードに取り付けられたSIM。コレヲパチパチ抜いて挿入していきます

端末に差し込みます。電子接点同士がくっつくように

一緒に入っているカードに書かれているAPN設定情報を端末に入力する

設定画面から

”モバイルネットワーク”に入って”アクセスポイント名”

新規に作成していきます。右上の+ボタンから。※端末によって違いあり

色々ありますが、同封のカードに書かれている情報の欄だけ入力、選択すれば大丈夫です

間違えないように。

入力がすんだら、設定を保存。新しいAPNが選べるようになっていると思うので、それにチェックを入れる。それでAPN設定は終了 
通信問題なし。

通話も問題なし

長くなりましたが、以上でb-mobileからDTIへのMNP移行完了です。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。