目の接写をしたいっていうことで、KENKOのクローズアップレンズ"NO.10"を購入

目の接写をしたいっていうことで、KENKOのクローズアップレンズ"NO.10"を購入致しました。目の接写、実際に撮れます。

接写で撮ると物の質感が分かるのですごく面白い。




rx10m2に使おうと思って、クローズアップレンズ KENKO NO.10を購入。レンズ経口が62mmなのでステップダウンリングが必要であった。MARUMIの62mm⇒58mmのステップダウンリングを同時購入

ストライプのパッケージのクローズアップレンズ


これがステップダウンリングの箱。ステップアップダウンリングは結構使うならセットで買ったほうが断然お得なので、いろいろなサイズを使う人は是非セットのやつ購入すべき

ステップダウンリングを付けて

クローズアップレンズを付ける。結構分厚い。2.5センチぐらいかな

厚い分もあるし経口が小さいのもあるし確実にケラレるの覚悟

ワイド端だと1センチ以内まで近づける。だがケラレル


50mmあたりからケラレがなくなる。1.5~2センチぐらいかな。レンズ先端から

通常の最短焦点距離は10センチぐらいかな?
ここからは実際に撮れた画像のサンプル


手。模様までわかる


ブロアー付属のブラシ。汚い

ブロアー先端

FOSSILの時計ロゴ

数字盤のとこ。吹いた跡や埃まで見える


レンズキャップのソニーロゴ。細かな凹凸も見える

ティッシュ。

アルミ缶上部。光沢感も凄い分かる

木のピンチ。木目ももちろんわかるしざらざらもわかる。

お待ちかねの目。こんな感じで目を接写できた。目的達成。こんなに自分の目を鮮明に近くで見たことはないね。凄い面白い
総じて素晴らしい映像が撮れそうだと感じました。面白い。質感が凄くはっきりわかる。今回センサー1型のネオ一眼で行ったんだけれど、フルサイズミラーレスで今度は試してみます。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。