SRecorderからShadow Playへのお引越し。60fpsのデスクトップ画面キャプチャソフトが良さげ

SRecorderからShadow Playへのお引越し。60fpsのデスクトップ画面キャプチャソフトが良さげ。このソフト(というか機能?)はNVIDIA・GeForceのグラフィックボードを使用している人のみ使えるみたいです。


ASUSTek社製NVIDIA GeForce GTX960搭載ビデオカード(オーバークロック) STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5

今まではSRecorderという超簡単にデスクトップ画面をキャプチャできるソフトを使用していました。これの面倒なところは、なぜか動画ファイルとしては完璧じゃないらしく、一度エンコードしないと編集ソフトに取り込めませんでした。

なのでこの手間を省けないかと他のキャプチャソフトを探してみると、このShadowplayっていうのを見つけました。




60fpsでキャプチャできるわけです!ここが結構僕にとってはうれしいことで、かなりぬるぬると滑らかな映像が撮れます。例えば動画を画面で再生してそれを、キャプチャしても全くカクカク感はなく。すごくスムーズな映像が記録できます。

最高で60fps、50mbpsですよ。

これは凄い。僕の持っている一眼にも匹敵する(数値上は・・・エンコードでかなり落ちるみたいですが)

NVIDIA GeForce Experienceの中にあるファンクションの一つなので、そこから入ります。デスクトップ右下タブの中から開きます

experienceを開くとこんな画面になります。上部タブの右側。ログインの左側にボタンがあるのでクリックすると、shadowplayを開けます

開くとこう

一番左にスイッチがあって、これを点滅させるとスタンバイモード。切ると停止。すごくシンプルな作り。細かな調整や機能をいじりたい人は他のソフトを使ったほうがいいと思いますが、僕はそこまでいじらないので、問題なし

モード設定は

[シャドウ&手動]
[シャドウ]
[手動]
[Twitch]


シャドウ時間。1分から20分が選べます。20分以上撮影を続ける方は他ソフト。ここも僕は問題なし。

クオリティも3つのプリセットとカスタム設定から選べます。容量を使ってもいいのであればもちろん「高」がおすすめ。

オーディオ設定。「PC内音楽のみ」か、「PC内音楽+マイクオーディオ」か「音声無し」が選べます

もう一つ便利なところで、キーボードの物理キーで、録画スタートと停止ができます。他ソフトにももちろんある機能ですが、SRecorderにはなかったの、地味に感動しています。録画が開始されると点灯していた緑色が消えます。

録画した動画は、既定のフォルダ内に収められます。そのフォルダに飛ぶにはshadowplay画面内左側スイッチ下のフォルダマークをクリック。
どうでしょう。なかなか使えそうじゃないですか。しかも凄く軽快な動作です。

惜しい点として

・キャプチャ範囲を指定できない
・ポインタ位置表示
・特定ウィンドウ指定ができない

等があると思います。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。