【MV制作勉強会】KOHH_MV_飛行機の画面回転アナログ場面切り替えのやり方

【MV制作勉強会】KOHH_MV_飛行機の画面回転アナログ場面切り替えのやり方を考えて実際にやってみました。これが実際に使われた方法かどうか知るすべはないですが、何となく近いものに仕上がったのかなという感想です。




必要なもの・・・

・カメラ固定用のもの(二脚、三脚、スタビライザーなど?)
・レンズをふさぐ何か(黒布など)

今回はスタビライザーを使用して行います。この道具に関しては、カメラを地面から一定距離に配置できるものであれば本当に何でもよいと思う。長さのある金具等でも出来るはず

あとはレンズをふさぐ布とか何か。KOHHの飛行機ではキャリーケースが恐らく使われている。フレーム単位で動画を確認してやっと見える程度。実際これは色が黒でなくてもよく、はじめと終わりが同じものでふさげればどうでもよい

こうカメラを倒した状態から

起こして反対側に倒す。ただそれだけ

始まりはレンズを隠しているところから徐々に持ち上げ

反対に倒す。倒れる位置で再度レンズを隠す

レンズを隠した状態から、徐々に映像がでてきて

だんだん起こしていく

被写体をとらえて

次は反対側に倒す

地面の方まで来たら最初と同じようにレンズを覆う
スっごく簡単なやり方でしょ?笑

もう一度いいますが、これが実際に撮影の際に使われた技法なのかはしりません。ですが、かなりの再現率ではないでしょうか。精度の差はありますが、画は同じだとおもいます。

編集上デジタルでトランジションをかけるのは簡単ですが、こういったアナログ的な場面切り替え効果もかなり渋いですよね。



コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。