【新品タイヤは滑りやすい】カブ90ccのリアタイヤを新品に替えた。皮むきをせずに雨の日白線踏んで滑る。

【新品タイヤは滑りやすい】カブ90ccのリアタイヤを新品に替えた。皮むきをせずに雨の日白線踏んで滑る。

死ななくてよかったです。

痛そうでしょ?右ひじに複数のかすり傷、右肩、右足に打撲程度で済みました。




新品のタイヤに替えた後は皮むきという作業工程が必要みたいです。それを全く知りませんでした。それで雨の降り始め白線踏んでこけました。

これはよくあるシチュエーションらしいです。

その必要な皮むきですが、通常はならし走行を100kmとかすれば問題ないらしいです。新品のタイヤの表面には製造工程の型抜きを円滑に行うためにある種のオイルが塗られているらしいです。

それを上手く落とさないと、水と油の関係でグリップ力がなくなり滑ると。

バイクのチャンネルで有名な「二宮祥平ホワイトベース」さんもこのことに触れていて、効果的と思われる裏技的皮むき方法をやっていたので、

僕もそれを行ってみました。


タイヤに水をかけるとどのぐらい水を弾くか目に見える。弾くようだとダメらしい。保水するようにならないとグリップ力が発揮されないと。皮むきということを知った後に100kmぐらいは知ったので中心部はある程度保水されていますが、サイドはまだ水を弾いているのが分かると思います

その裏技的皮むき方法がクリームクレンザーでゴシゴシ洗うってことです。クリームクレンザー自体は、100円均一でもスーパーでも安く買えます。

それでただゴシゴシやる。すると

この通り。洗浄前には水を弾いていたサイドも、洗浄後保水されているのが分かると思います。
勿論、僕の運転が下手だったのかもしれませんが、こういう知識があるのとないのでは生死にかかわってきますよね。

皆さん気を付けて下さい。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。