約2か月使い込んだSONY RX10M2の個人的な不満点を5つ述べる

約2か月使い込んだSONY RX10M2の個人的な不満点を5つ述べる。

基本的には性能、機能に満足しています。

しかし、細かい気になるポイントがいくつかあるので、それを不満という形で紹介したいと思います。

はいはい。これが5つの不満点

SDが抜きづらい。横向きに刺さっており、蓋との間が狭いために指が入り辛い。つまりSDを抜きにくい。

チルト可動式液晶。うーん。ローハイアングルはばっちりだけど、やはりバリアングル液晶が最強かな

ズーム&フォーカス擬似リング。これがなかなか曲者。マニュアルついてるじゃーんって買ったんですが、これが擬似すぎて使い場面はあまりない。回したら少し遅れて反応される感じ。動画では使えないと思う・・・

これは写真の話ですが、内蔵ストロボ。ワイド側で撮るとレンズ影が盛大に映る。外部ストロボを用意すべし


以前も話しましたが、ズーム時の映像のガタツキ。これはなかなか痛い。ズームすると一部がたっとなる。
など不満点をあげてみた。

基本的には満足しています。サブカメラとしての役割はばっちり果たしていますので、僕は問題ないです。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。