【LG L-01E】電源物理ボタンがかなりの接触不良なので、端末分解してヘンポコ修理してみる

【LG L-01E】電源物理ボタンがかなりの接触不良なので、端末分解してヘンポコ修理してみる。

約1か月ほど前から、電源ボタンをいくら押してもスリープのオンオフがなかなかできない状態でした。これがめちゃくちゃ不便で・・・

電源を入れることは、充電器につなげれば出来る。

ちなみに僕の端末は、外面こそ、DOCOMOのLG L-01E端末ですが、ROOT化してカスタムROMを突っ込んであるものです。

設定メニューより、サイドの上下ボタンにスリープオフ機能を割り当てることもできましたが、オンが出来ない・・・これも意外と不便。

オンしないままポケットに入れると、勝手に操作してしまっていたりする。

という背景があり、いっその分解して接触不良であれば治るんじゃないかと思った次第です。

正規でキャリアから買ったものであれば店舗に持っていけば無償修理できるようですが、僕は人から買いましたので、そんなことはできません。

スマホ販売店舗の修理。調べましたがくそ高い!

【電源ボタン 24,800円 3~5時間】
docomo LG Optimus G L-01E 修理&故障事例紹介ページ

まさか、この料金払って直す人はいないでしょう。端末自体2012年モデルで、中古価格1万5千円程度。買ったほうがいい。

では、前置きはさておき、分解、ヘンポコ修理していきます。





分解する前に必要なものがありました。

Y字のドライバ。これが精密特殊ドライバーで、アマゾンや、ホームセンターに行かないとありません。

僕はアマゾンから購入。DSとか精密端末をばらすときによく使われるらしい。スマホもほとんどこれで分解できる模様。


アネックス(ANEX) 特殊精密ドライバー Y型 No.3470A


本当にこれが、ほぼ利かない。20回押して1回反応すればいいぐらい。連打しているので、ついてもすぐ消してしまうってこともよくあった。

再度ボタンにスリープオフを割り当てることは出来る。が、オンが出来ない。これも意外と不便ってことで、接触不良なら何とか直せるかもしれないと思い分解することに

充電口下部にへこみがあるのでそこに詰めを入れて背面パネルを外す

電池を抜く。

Y字ネジが10か所ぐらいあるのですべて外す。ネジには防水加工用のパッキンがはめられているので、無くさないように注意。ネジはアンテナのところ以外は同じだったようなので、配置は覚えなくてもいいと思われる。しかし、念のためにネジがはまっていた配置で置いていく。

ネジが外れたところで、マイナスドライバーを隙間に突っ込み。それを回転させ無理やりこじ開けていく。固定はプラスチック片ではめられているだけなので、ゆっくりやれば開けられる。

四つ角のいずれからやっていく。僕は電源ボタン近くの2か所から開けた。

上部があいたら、その隙間から下部へマイナスドライバーをスライドさせ開けていった。

角3か所があけば、左右いずれかからゆっくりと指で持ち上げれば開けることが可能。

開くとこんな模様。淵にパッキンが詰められており一応防水仕様なのが分かる

側面にボリュームボタンの穴がある。

上部に問題の電源ボタンの穴

電子部ってなんだかかっこいいよね

取りあえず、しっかりとボタンが押せればオンオフが出来るのかを調べる。

マイナスドライバーを電源ボタンの穴にドライバーを突っ込み、根本のボタンを押す。電源が入る。

スリープオンオフも出来る。ということは、しっかり押せるように知れば直せるだろうと。

ボタンを押す部分のスティック。これを少しでも延長させればボタンが押されやすくなると思ったので、そこを延長。どうするか迷った上に、グルーちょこっとつけて延長する。

ちょこっとつけて、無駄な部分をカット

ハサミでもカッターでもなんでもいい。穴に入る大きさにかっと。あんまり長すぎても収納できない可能性があるので、その辺は適当な長さに

電源ボタンの穴に突っ込んで反応するかテスト。反応ばっちりしていたので組み立てていく

フレーム戻して

はめて

最終確認。電源ON

スリープオフ

オン

オフと。問題なし

Y字ネジを締めていく

背面カバーをかぶせてはい終了。
意外と簡単な方法で直ったね。今回のやり方と同じ方法で直せる端末もあると考えると、修理料金2万4千円がどのぐらいぼったくりなのかわかる・・・。

世の中は知らないと損することが本当に多いんだなぁー・・・

グルーなんか使用して大丈夫かって思う人もいるかもしれませんが、修理して1週間全く問題ありません。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。