カメラドライボックスの防湿用にシリカゲルをレンジチンして使用していたが、それより楽そうなコンセント乾燥のモバイルドライ[MD-2]購入。

カメラドライボックスの防湿用にシリカゲルをレンジチンして使用していたが、それより楽そうなコンセント乾燥のモバイルドライ[MD-2]購入。

防湿庫をまだ持っていない人はドライボックス等でカメラ、レンズ、電子機器を保管していることと思います。防湿用にシリカゲル活用している方も多いですよね。

僕もその一人でしたが、これをレンジで加熱し乾燥させるのが結構面倒だったりしました。ドライボックス、ウェットの状態で数日なんてことも結構あり、

このままではカビレンズ製造工場にしてしまいそうなところ。

そこでもっと簡単に防湿出来そうな東陽リビング株式会社のモバイルドライ[MD-2]というものを購入。なにが良いか。コンセントでシリカゲルを乾燥させられる!


カメラドライボックスの防湿用にシリカゲルをレンジチンして使用していたが、それより楽そうなコンセント乾燥のモバイルドライ[MD-2]購入。


ECOとの表記。再利用可能なので確かにECO。

カメラ・食品・薬品・衣服・靴の保管等をボックスで行っている方向けの商品。

裏面に説明書。使い方は非常にシンプル。コンセントで乾燥させて、ボックスに入れるだけ。ボックスで水分を吸収したら再度コンセント乾燥。目安が分かりやすいようにビーズが入っている。[ピンク]=要乾燥、[青紫]=乾燥である。通電時間は初回のみ4時間で、2回目以降は2-3時間である

内容物は品質保証書と本体のみ。

東洋リビング株式会社。

この窓内に見えるビーズでシリカゲルの状態が分かる。

コンセントプラグは収納されており、このノブを押すと

出てくる

コンセントに挿すとランプが光り通電状態が確認できる

中心窓から見えるビーズが青紫になれば十分乾燥された状態

コンセントから抜いた直後は本体温かいので冷まして

カメラドライボックスへ投入。

湿度マックスの状態から

4時間程度でBESTな状態まで
うん。便利じゃないですかね。

コンセントでシリカゲルを手軽に乾燥できるっていうのは僕的には楽。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。