壊れたHDR AS-100VのハウジングからYIのレンズプロテクターを作る。

僕はYIのアクセサリー群を追加で購入したわけですが、その中にはレンズキャップことあるもののレンズプロテクターがありません。

そこで、以前使用していたアクションカム、ソニーHDR AS-100Vのハウジングからどうにか加工してレンズプロテクターを作れないか考えたわけです。

サイズも大体一緒だろうだからいけるんじゃないかと。

そこでやってみます。





以前海中使用で壊れてしまった。マイク部分に穴の開いたソニーHDR AS-100Vのハウジング。


そのレンズ部のサイズがちょうどいい感じなので、そこからXiaomi、YIのレンズプロテクターを作ってみましょう。素人の下手な加工です。

取りあえず、前面部を本体部から切り離す。

ペンチでバチバチと不要部分を切っていく。ちょっとずつしかできず結構面倒だった。

要らないパッキンなども外す。

何となく形になる。あとは削る。

やすりでペンチで割ったギザギザ部分などを削る

見た目がよろしくないが一応完成。

当ててみるといい感じだと思う。少し隙間があり綺麗にははまらないので、隙間を埋めていく。

隙間を埋めるのにジャンクレンズから取ったゴムを使用する。確かズームリングのとこだったと思う。

両面テープで固定してみる。必要があれば接着剤もあとからつけるつもりです。

下部には既存のスポンジがついているのでそれはそのまま使用するとして上部に二つ小さく切ったゴムを貼り付けることにした。

そして完成。なんとなく様になっているのではないか。

テスト。若干のけられが出た。が許容範囲だと思う。気が向いたらさらに加工するかもしれない。
まーよろしいのではないでしょうか。

アクションカムを使って撮る映像は補佐的なものだと思うので湾曲があろうともけられがあろうとも状況を判断できる画が撮れればオッケーだと個人的に思います。

ので、今回の出来には満足しています。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。