物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。

まずピックアップマイクとは何なのか。通常はギターの音を拾ったりするのに使うらしい。あとは水中での音を拾ったり、探偵が隣の部屋の音を拾ったりするのに?

取りあえず普通のマイクが音から伝わる振動を拾うのに対して、ピックアップマイクは物の振動を拾うんだそうだ。

何かネットサーフィンをしていてたまたま知ったこのマイク。なんと自作で簡単に出来るらしい。面白そうなので作ってみる。



ちなみに名称であるが、ピックアップマイク、コンタクトマイク、コンクリートマイクなど様々なものがあるそうだ。

今回作るにあたって、参考にさせていただいたサイトが二つあるのでリンクを張っておきます。

ピエゾピックアップを自作してみる。

とっても簡単!音素材づくりに100円ショップのもので特殊なマイクを作ってみた

自作についてはあまり情報がなかった中、こちらのふたつの記事はとても参考になりました。ありがとうございます。



材料。ダイソーに売っているストップウォッチ。108円。音の鳴る電子機器なら大抵ピエゾ素子というマイクに使う部品は入っているそう。

belkinの抵抗なしステレオケーブル。たまたま使ってないのが手元にあったので、それを流用。一番ベストなのは抵抗なしモノラルケーブル。ちなみに抵抗なしステレオケーブルはダイソーにも売っている。ので実質215円あれば、今回のピックアップマイクは作れる。

まずストップウォッチからピエゾ素子(圧電素子)というものを取り出す。後ろにネジが三つ。0番ドライバーぐらいだったかな

三つ外すと

開き、ピエゾ素子とご対面。右側の丸い部品がそれである。

外装と軽く接着されているので後ろの穴から押し出す。

取れた。ケーブルがつながっている。不要なため取り外す。

ハンダ付けされているので、ハンダこてを当てて外す。

一回ね、、、失敗した、、、ピエゾ素子の真ん中のまるを割っちまった。ケーブルを引っ張りすぎた。

またダイソーに行って同じものを購入。無駄な出費をしてしまった。二個目は慎重に行い成功。ピエゾ素子が裸である。

次にケーブルを準備する。ステレオケーブルの片方のプラグは要らないので切断。

ケーブルの被覆を向いていくのだが、工具がないので無理やりはがした。被覆剥き工具欲しくなった・・・

カッターを駆使してなんとか

2回ほどケーブルを丸々カッターで切断してしまって、やり直した。

バラの銅線が出てくるのでそれをひねってまとめる。赤と白は恐らくステレオのLとRなんだと思う。今回使うのはいずれか片方。

僕は赤いケーブルをピエゾ素子の中心円へ、束ねた銅線を外円へハンダ付けした。

元からついていたハンダがやけに溶けずらかったのでオーディオ用のハンダを追加した。

無事に接着できた。めちゃくそ下手だと思うが普通高校なのでご勘弁ください。

レコーダーをつないでテスト。レコーダーは一応プラグインパワー対応です。

叩いてテスト。ばっちりゲージが反応しているので成功している

では水中音を録ってみようか。ぶくぶく、ちゃんと録れてる。水に突っ込めるっていうのはなかなかの強みだと思います。

あと心臓の音なんかを録れます。これは地味に凄い。
以上。最速で行けば10分以内に作れるはず

今後も何か面白いアイディアが湧けば録っていきたいと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。