リスク回避のためのα7用互換バッテリーグリップ [MEIKA MK-AR7, 互換バッテリー,充電器]を購入。

リスク回避のためのα7用互換バッテリーグリップ [MEIKA MK-AR7, 互換バッテリー,充電器]を購入致しました。

そもそも互換品を使って互換品のリスクを回避するというのもおかしな話ですが、、、




このたび、手持ちのα7用の純正バッテリー〔NP-FW50〕4個ではなんだか心もとないということになり、追加購入しようと思いました。

といいますのも、季節は夏。暑いわけです。カメラも発熱が凄いわけです。発熱すると電気をカメラが異常に食うわけです。

元からバッテリーの持ちが悪いといわれるα7シリーズ。踏んだり蹴ったりなこの季節。そういう状況があってバッテリーがもっとほしいなぁーと・・・

純正をもちろん検討しましたが、何せ高い・・・1個8,000円とかぼったくりだよ・・・

巷には互換バッテリーがあふれています。1,000円程度で買えるものがほとんど。いやーでもなぁー互換バッテリーってたまに破裂したり、発火したり、膨らんで取れなくなったり、リスクもあるんですよね。

安物のバッテリーで20万円以上するカメラが逝ってしまうのもすごく怖い。

そこで少し考えました、バッテリーグリップで互換バッテリーを使えば以上のようなことがあってもバッテリーグリップが使えなくなるだけで本体に影響はないのではないか。

安易な考えかもしれませんが、そう思えて仕方がない。

バッテリーグリップに互換バッテリーだ!

バッテリーグリップ。これまた純正は高い。3万円弱。いやいやいや、ただの通電の媒体で3万はいくらなんでも。

ということで、グリップすら互換性で行こうということになりました。僕のよくわからない理論で説明すると、グリップには電子接点しかない。壊れても爆発などはなく、カメラ本体に影響はない。

以上のような経緯があって、互換グリップとワイヤレスマルチコントローラー、互換バッテリー、充電器セットを購入しました。

アマゾンなど日本の通販でも売っているのですが、どうせ中華製。転売元から買えば、もっと安いはずと中華通販サイトAliExpressを除くと狙い通り。

日本のサイトで買うよりだいぶ安い。

Mk-ar7建て- 2.4gワイヤレス制御ソニー用バッテリーグリップの交換vg-c1ema7a7ra7snp-fw50と

同様に電池と充電器

96dollarsで12,000円ぐらいです。

アマゾンで同じものを買うと、グリップとコントローラセットで、12,600円。互換バッテリーを二個追加で買うと、15,000円ぐらいになり、3000円もの差が出ます。

もちろん、日本通販で買う場合のほうがある程度在庫があると思うので、手元に届くのは早いと思います。ここは個人の判断で。


注文から2週間ぐらいで手元に届きました。簡易包装、そして航空便(船便)? のために箱に多少の潰れなどあります。僕は気にしませんが、気になさる方は海外からの購入は避けたほうが賢明そうです。MEIKAというメーカーのMK-AR7という製品。互換品をいろいろだしているメーカーみたいです。
互換バッテリーは中に押しやられている。


ワイヤレスマルチコントローラがセットで同梱されています。単四2本駆動。インターバル、バルブ、シャッター、など大抵のことはできます。僕はマルチコントローラーを以前に購入していたので、要らなかったな・・・

バッテリー箱外観、エクストラロングらしいです。そしてメモリー効果も発生しないと

純正のバッテリーと比べる。容量はいっしょだけれど、少し出力ボルトが違うよう。外寸は同じで本体にはスムーズに入るしもんだいない。重さも図ってないけど、持った感じは同じ。
充電器。軽い。プラグ形状はしっかりと日本規格であり、アダプタ等は必要なし。
バッテリーグリップ。こうやって2個電池を入れ使用できるために長時間撮影が可能なわけですね。


取り付けるにはカメラ本体のバッテリーのふたを取り外す必要がある。ノブがあるのでそれを押すと、簡単に外れる。

グリップの飛び出ている部分がちょうどカメラのバッテリー挿入部に入ります。

カメラ底部のネジ穴にグリップのネジが入り、ネジを回して結合する。

このアダプタ台座が少し邪魔かな。もちろんグリップ底部にもネジ穴が切ってあるので三脚取り付け等は問題なし。

縦位置グリップ。僕は写真はほとんど撮らないのでこういった縦位置の使い方はしませんが、各種ボタンがあって普通に使う分には申し分ないのではないかとの印象です。ボタン、ダイアルは、絞りダイアル、シャッタースピードダイアル、シャッターボタン、C1ボタン、AF/MF AELボタンがあり、ボタンの反応無反応を決めるON/OFFスイッチもあります。
ISOダイアルはマルチタスクなので流石に割り当ては難しいのかな


グリップ装着後、同梱の互換バッテリーを挿入して起動。起動ちゃんとできました。表示の電池マークが1,2となっています。
このさ、バッテリー挿入部カバーってすぐになくしそうだ。調べたけど、ここのスペアは販売されてないようなので慎重に取り扱いましょう。


こう、すわりが悪い。置くときは気を付ける

ディスプレイをチルトさせるのが少しやり辛い。

何回か本体電源ON/OFFを繰り返していると互換バッテリーの残量表示があいまいなことが分かった。これは、考慮して使用しないといけませんね。

グリップにバッテリーを1個のみ入れて起動できるかテスト。問題なし。

互換バッテリーを充電してみる。赤ランプ点灯で充電はしっかりできている模様。

緑で完了。段階的な充電状況表示ランプがないので純正品には劣る。
概ね満足です。互換バッテリーグリップはばっちり。互換バッテリーはやはり残量表示があいまいなので少し不満。

ですが、コストを考慮すると十分満足できそうです。

あとは爆発がないことを祈るばかり・・・笑


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。