投稿

7月, 2015の投稿を表示しています

カメラに雲台のクイックリリースプレート固定ネジが干渉する。なので、固定ネジを長いのにする

イメージ
カメラに雲台のクイックリリースプレート固定ネジが干渉する。なので、固定ネジを長いのにする。ちょっと意味わからないと思いますので写真を。



この問題を回避するには二つの方法があると思います。プレートとカメラの間にスペーサーをかませる方法。実際にキャノンからそういう製品は出ているようです。

CANON/キャノン TS/Eレンズ用 三脚雲台スペーサー

うん。くそ高い。ということで買うのは却下しました。

もう自作ということを決めてスペーサーの作り方を考えていましたが、ちょっと材料にお金がかかりそうだったので、ネジを延長するという方法を選びました。

固定用のネジが特殊なネジではなく普通の1/4インチネジであったので、楽でした。







問題が一つ解決。これみんなどうしてるんだ。

僕がとてつもなく普通のことを見逃して問題になっているだけなのだろうか。。。


液晶フードがあまり役に立たないと思い、液晶ビューファインダー[Swivi S1]を購入

イメージ
以前液晶フードというものを自作して、太陽光下、液晶に光が反射して見づらいという問題を解決しようとしましたが、出来ませんでした。(思うような効果は得られませんでした)

ということで結局液晶ビューファインダーを購入。




中華製。もう最近中華製品しか買ってない気がする。

AliExpressで$ 44.61。

Ggslcdhdデジタル一眼レフ完璧な折り畳み式のための倍率とファインダー3.0x3インチ4:3画面写真スタジオカメラアクセサリー

5,500円ぐらいですね。







------------------------------ ディオプトリ
ディオプトリ(dioptre, 記号: D, Dptr)は、(主として眼鏡用の)レンズの屈折力の単位であり、焦点距離メートルで表したものの逆数と定義されている。1875年の医学関係者の会議で採用された[要出典]。

リスク回避のためのα7用互換バッテリーグリップ [MEIKA MK-AR7, 互換バッテリー,充電器]を購入。

イメージ
リスク回避のためのα7用互換バッテリーグリップ [MEIKA MK-AR7, 互換バッテリー,充電器]を購入致しました。

そもそも互換品を使って互換品のリスクを回避するというのもおかしな話ですが、、、




このたび、手持ちのα7用の純正バッテリー〔NP-FW50〕4個ではなんだか心もとないということになり、追加購入しようと思いました。

といいますのも、季節は夏。暑いわけです。カメラも発熱が凄いわけです。発熱すると電気をカメラが異常に食うわけです。

元からバッテリーの持ちが悪いといわれるα7シリーズ。踏んだり蹴ったりなこの季節。そういう状況があってバッテリーがもっとほしいなぁーと・・・

純正をもちろん検討しましたが、何せ高い・・・1個8,000円とかぼったくりだよ・・・

巷には互換バッテリーがあふれています。1,000円程度で買えるものがほとんど。いやーでもなぁー互換バッテリーってたまに破裂したり、発火したり、膨らんで取れなくなったり、リスクもあるんですよね。

安物のバッテリーで20万円以上するカメラが逝ってしまうのもすごく怖い。

そこで少し考えました、バッテリーグリップで互換バッテリーを使えば以上のようなことがあってもバッテリーグリップが使えなくなるだけで本体に影響はないのではないか。

安易な考えかもしれませんが、そう思えて仕方がない。

バッテリーグリップに互換バッテリーだ!

バッテリーグリップ。これまた純正は高い。3万円弱。いやいやいや、ただの通電の媒体で3万はいくらなんでも。

ということで、グリップすら互換性で行こうということになりました。僕のよくわからない理論で説明すると、グリップには電子接点しかない。壊れても爆発などはなく、カメラ本体に影響はない。

以上のような経緯があって、互換グリップとワイヤレスマルチコントローラー、互換バッテリー、充電器セットを購入しました。

アマゾンなど日本の通販でも売っているのですが、どうせ中華製。転売元から買えば、もっと安いはずと中華通販サイトAliExpressを除くと狙い通り。

日本のサイトで買うよりだいぶ安い。

Mk-ar7建て- 2.4gワイヤレス制御ソニー用バッテリーグリップの交換vg-c1ema7a7ra7snp-fw50と

同様に電池と充電器

96dollarsで12,000円ぐらいです。

アマゾンで同じものを買うと、グ…