専用アンドロイドアプリを使用してのXiaomi YIの撮影設定。あと、アプリ&本体のアップデート。

XiaomiのYI。本体にディスプレイがなく撮影設定などが単体ではできません。スマホ等を使ってWIFI経由で行います。




説明書の背面一ページ目にQRコードがある。ただのデザインのように見えるけど、実際にここからアプリをダウンロードすれということみたい。

QRコードリードアプリなどを使って読み取ろう。

読み取った直後にカメラと値段が書かれるが、アプリの値段ではないのでビビらずオッケー。ちなみにYIの値段です。このアプリをダウンロードする時点で購入しているのにさらに宣伝とはXIAOMIの企業努力には頭が下がる・・・笑

一応、googleのplaystoreにある。そこからインストールする形式。

起動したらシンプルな画面。下のほうにアプリのバージョンが記載されている。

アプリを起動すると、本体のWIFIを付けるように促される。カメラ本体側面のWIFIボタンを押して有効にする。
接続に失敗することもあるが何度か試すと良い。そのうちつながる絶対。


メイン画面はこんな様子。1秒以下の遅延がある感じ。WIFI接続なので仕方がないよ。恐らく常時モニタリングっていう使い方はあまりしないよね。画角チェック程度。


アプリ起動して最初の画面。サムネイルを見た感じ、製品紹介とか動画、画像共有サイトとかのプロモーションページに飛べるリンクとかじゃないかな。基本的に必要ありません。

シンプルさはいいね。

これがインターフェース。上部にモード。下記に配置に対応したタイトルを置く。

戻る  ビデオ  スナップショット  写真  設定

プレビュー画面
プレビュー画面プレビュー画面プレビュー画面プレビュー画面

撮影サイズ、画面比、フレームレート



録画時間

ギャラリー 録画・停止ボタン 撮影モード

カメラバッテリー表示 WIFI強度 スマホバッテリー表示

ギャラリーにはサムネイルが表示される。動画はもちろん再生できない。スマホへWIFI経由転送もできない模様。

ビデオ撮影時のモード選択。ノーマル撮影か、インターバル撮影(外国ではタイムラプスというのが基本)

写真撮影時のモード設定。

ノーマル        インターバル撮影


セルフタイマー      連射

撮影設定ですが、すべては把握できていないので僕自身がはっきりとわかるところだけ記載しますね。あしからず。

-Video ビデオ撮影設定-

【Quality 撮影品質】

High 高品質
Normal 標準
Low 低品質

【時刻表示】

Off オフ
Data 日付
Time 時刻
Data/Time 日付/時刻

【Resolution 解像度】
左からピクセル画素数、 フレーム数/秒 縦横比

フルHDサイズ
1920*1080 60p 16:9
1920*1080 30p 16:9
1920*1080 48p 19:9
1920*1080 24p 16:9

HDサイズ
1280*960 60p 4:3
1280*690 48p 4:3
1280*720 60p 16:9
1280*720 48p 16:9
1280*720 120p 16:9

SDサイズ
848*480 240p 16:9


【Standard テレビ放送方式】 ※日本はNTSCでよい

NTSC
PAL

【Metering mode 測光選択】

Cente 中央
Average 全体
Spot 一点

-写真撮影設定-

【Resolution 解像度】

16M (4608*3456 4:3)
13M (4128*3096 4:3)
12M (4608*2592 16:9)
8M (3264*2448 4:3)
5M (2560*1920 4:3)

【Default photo mode 初期撮影モード】

Normal ノーマル
Self-timer セルフタイマー
Time Lapse インターバル撮影
Burst 連射

【Camera Dafault start mode カメラ起動時の撮影モード】

Photo 写真
Video 動画

【Time Stamp 時間表示】

OFF オフ
Data 日付
Time 時刻
Data/Time 日付/時間

Camera 一般設定
【Preview】 アプリでのプレビュー画面表示
【Auto Low Light】暗所撮影の再フレームレートを下げて露出を適正にする機能
【Loop recording】ドライブレコーダー等にあるループ撮影機能。メモリが終わったら、最初から頭のデータから上書き。
【Lens rectification】魚眼レンズ特有の湾曲補正するかどうか
【Auto turn on Wi-Fi with device】電源オンしたらWIFIも起動
【AV Output】外部出力
【Video Rotate】上下反転
【Emergency Backup】ループ撮影時にカメラが衝撃を感知したら、データをロックし、削除しない。
【unbind all blutooth controller】すべてのブルートゥース機器のペアリングを解除する
【Buzzer volume】ビープ音の音量

残りはわかると思います。
スナップモードのエフェクト。様々な意向を加味して作れる。

インターバル撮影で1秒以下があるのは素晴らしい。大抵のアクションカムは1秒からしかない。

ギャラリーではサムネイルのみ表示。日付ごとに記されるので閲覧はしやすいと思う

右上の小さいアイコンが”設定”

アプリを起動して早速アプリケーションのアップデートを進められた。それは問題なく行えたが、YI本体のフォームウェアアップロードは、アンドロイドスマホの【提供元不明のアプリ】にチェックを入れないとDLできなかった。


設定⇒セキュリティのなかに「提供元不明アプリ」があるよ

カメラ本体のフォームウェアをアップロード。ピーピーいって、ビープ音が早くなったら終了。勝手にカメラ電源が切れる。


今回は取りあえず撮影設定、撮影モニタリング等を行えるYIの公式アプリを見ていった。次でやっと、撮影しながらサンプル動画等をチェックしていきます。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。