中華アクションカム【Xiaomi YI】初起動します。

Xiaomi Yiを初起動していきます。説明書も英語で全く無知の状態でいじくっていきます。簡単だろうからと余裕ぶっこきです。




大量にあるアクセサリー群はいったん置いといて、本体を起動してきます。

取りあえず外観を見る。下に1/4インチのネジ穴が切ってあるが・・・浅い気がする。

後ろのふたを開けるとこんな感じ。microSDスロット、マイクロUSB挿入口、HDMI挿入口。HDMIがあるということはリアルタイム外部出力が可能ということか?ディスプレイなどに出力できる?後ほど試しましょう。

バッテリー側のふたが開きづらいよ。

ちなみにバッテリーは1100mAhです。バッテリーには引っ張り出す用のビラビラがついている。

レンズ横、正面のボタンを長押しで起動。

上部にシャッターボタン。
レンズ側側面にWIFIボタン。

中華製のアクションカムに韓国製のMICROSD突っ込みます。

シャッターボタン側に電子接点が来るように挿入。

詰めで押し込むように入れる。カチッとなったらオッケー

撮影設定などは本体では一切行えない。WIFI接続時にスマートフォンアプリから行う。ガラケーの人は設定変更できずに途方に暮れることになる

写真とビデオの切り替えは正面のボタン押下による


最初の触りだけサクッとやっていきました。次はアプリを実際に使用して設定などして、サンプル動画撮ることにします。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。