素人の初CPUクーラー取換 【リテール】to【ENERMAX ETS-T40-BK】

PCを組み上げた当初から言われていたことですが、やっと行いました。CPUクーラー交換。リテール品じゃだめだよって。corei7のリテールCPUクーラーから空冷式ENERMAXのETS-T40-BKに取替を行いました。





自作PCを組み立てる工程を収めた動画のコメントにて視聴者の方からアドバイスをもらいました。リテール品ではCPUの熱が凄いことになるので変えたほうが良いと、

おこがましく、おすすめの品などを聞かせてもらうとありがたいことにリンク付きで教えてくれました。

リンク先は
空冷:ENERMAX ETS-T40-BK
簡易水冷:Corsair CW-906007-WW (H60)
うーんと、簡易水冷とも迷ったんですが、ハイエンドなものでないとうるさいし性能も空冷と大差ないとのことだったので、費用対効果が高そうな空冷にしました。

これはリテールCPUクーラー使用時に撮ったキャプチャ画面です。CPUの温度が87℃。高いときは90℃を超えてました。適正温度が40~75℃と知ったとき焦りました。それで購入に至ったというわけです。なんと怠惰な・・・

ポイントがあったので今回ヨドバシで購入しました。値段はアマゾンのほうが安かったです。しかしね。関東以外の配送料を考えるとヨドバシのほうが安い。

CPUクーラー ETS-T40-BK ブラックツイスター



ヨドバシから届いて開封。結構な重さと重量に驚いたがこれが普通なんであろう。zalmanのz9u3というPCケースに入るか心配であったが問題なかった。

ZALMAN ATXミドルタワー PCケース Z9 USB3.0搭載モデル Z9U3 ブラック (Z9Plus後継モデル) 日本正規代理店品 (CS3899) Z9U3


パソコンをシャットダウンして電源を落とし、ケーブルを全部抜く。
ねじを外して、カバーを取る。
今回のCPUクーラーはバックプレートを基盤として装着するタイプだったので反対側からプレートを取り付けるために、両側のカバーを外した。

リテール品のCPUクーラーを取り外す。4か所にあるピンプラグを抜く。矢印が書いてある方向に回して抜く。ファンのケーブルも合わせて抜く。


グリスがついているので拭く。なにで拭くのがベストなのかは定かではないが今回はティッシュだけで拭きとった。無水アルコールなどを使う人もいる模様。ジッポのオイルとか。


グリスを拭き取ったら、いよいよCPUクーラーを装着していくが、先にバックプレートを取り付ける。取り付けねじを付ける位置が決まっている模様。マザーボードの型によって通す穴が違う。その型はプラットフォームとか呼ばれているらしい。

まことに見えづらいが、中央に書かれている”LGA1150”というのがそれであるらしい。見当たらない場合は、マザーボードの「型版+LGA」で検索をかけよう
1150の穴位置でバックプレートを取り付けようとするが、どうもうまくいかない。というか、説明書の穴位置と実際器具の穴位置が全く違う。しかし、すべての穴を試した結果、何とか4か所全部の穴を通せる箇所があったのでそこで留めた。


バックプレートを止めたら、CPU側に戻り、棒状の基盤プレートを設置していく。ここも最初間違えたが中央にあるネジは手前に向かなければならない。当然気づきそうだが、最初間違えていた・・・

棒状のプレートまで取り付けたらCPUとクーラーのCPU接触部分にグリスを塗る。クーラー側にはフィルムが張られているのでしっかりと取り外そう。今回のCPUクーラーにはグリスが付属していたのでそれを利用した。別途購入する人が多いようだ。
グリスをうんこ塗りにしてCPUクーラー側の設置部で押しつぶせばいいという人も、ヘラで広げるべきという人もいるが実際どっちが正しいのかはわからない。僕は簡単なうんこ盛りをした。
クーラー設置前にファン部分を取り外せと説明書にあったがなぜ取り外す必要があったのかはわからない。どこかにかかるわけでもないような気がした。
僕がこの時点では気づかなかったが、今思い起こせばこの段階でCPUファンのケーブルを突っ込んでおけばいちいちマザーボードを外す必要はなかったのではないか・・・

めんどくさがったばかりに邪道な道をゆき、二度手間をした。

一番簡単なのは恐らく

ケースの両面のカバーを外す⇒クーラーファン取り外さない⇒
⇒CPUクーラー設置前にケーブルを挿す⇒クーラー取り付け。


いよいよCPUクーラーを投入。風の流れを見よう。CPUクーラー真ん中手前にある溝の向きに風が流れるようであるから、空気排出口向きに設置する。


CPUクーラーを設置したらフラットな金具をCPUクーラー本体下に通し固定する。

固定にはレンチも使う。マザーボードを外さなかったために狭いスペースでの作業となった。

クーラーファンの取り付けに関しての注意、空気の流れを気を付けようということだと思います。ファンの向きを逆にしてはいけないと。

その肝心なファンの向きですが、側面に記載があります。上下矢印の方向に回り、左右矢印の方向に風が流れる。

ファンの金具で取り付ける。穴にしっかりと入ってないと締め付けが弱くなってしまうので注意されたい。

こんな感じ。メモリに触れてはいないが覆ってしまっているので、メモリを外す際はファンも取り外さないといけないよう。


電源繋いで起動してみる。ばっちり動いている。LEDが綺麗。

時間はかかりましたがトラブルなく?終えることが出来ました。あとは何かな、マザーボードをZ97に変えてオーバークロックにでも挑戦してみようかな。

金銭的に余裕が出次第、徐々にパワーアップしていきたいと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。