SONYのアクションカムHDR AS-100Vを海水水没させた。メーカー保証はきかない。長期保証ワイドはきく。

先日シュノーケルに行きました。アクションカム持っていきました。(恐らく)5m以上潜りました。カメラ壊れました。

SONYのアクションカムHDR AS-100Vを持って海に行ってきました。ハウジング10mまで大丈夫だし余裕でしょと。

したら水没させました。結論から言うと5mまでのハウジングでした。ご愁傷様です。これは完全な自分の不注意でした。なので仕方ない。

海水で水没した電子機器はほとんど修理不可能らしい。オーバーホールになってしまうらしい。海水による電子基板部の腐食が早々に始まって、酸化、さびが発生し、壊れると。

分解してなかを見てみるとすでにさびの前兆が始まっている。基盤部分が白化しつつある

それでディスプレイ部分に恐らく水没マーク?かなが出てきた。水没させるまでなかったので、たぶんそう

一縷の望みをかけて真水で洗って乾かすという方法を見たのでやってみよう

シリカゲルと一緒にジップ袋に入れて乾燥させる。
結局治らず、電源は入らないし分解したら白化現象が起こりつつあるし、もうダメそうなので諦めます。海水水没してから真水で洗うまでに時間が空いたので、水没してから真水で洗うまでの時間がかなり短ければもしかしたら行けたかも・・・?


浸水の原因となった穴を発見。マイク部分のホールだ。5m以上の水圧によりこの穴ができて、そこから浸水したと思われる。
壊れたら保証って普通はなりますよね。ですが、電子機器の水没や落下による故障は保証対象外ってのが基本らしい、自然故障のみが主。

僕の場合購入から1年をぎりぎり経過しておらず、メーカー保証が使えるかもと思ったが、残念ながら水没は対象外。

よくよく調べていくと、ソニー製品をソニーストアで購入し、長期保証ワイドっていうものに加入していると水没でも対応しているらしい。恐らくオーバーホールしてくれるか、交換になるって寸法。

その他の、ビックカメラや、カメラのキタムラなど量販店の長期保証では水没には対応していない。

というわけで、ソニー製のものを購入予定の人は、保証のことを考えると少々高くつくがソニーストアで購入したほうが良いのかもしれません。

ソニー長期保証についてのリンク





コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。