僕なり【音フェチ】について調べてのまとめ。 pt4 ~録音後にやること、ノイズ除去等~

/pt1 ~音フェチ動画の種類~
/pt2 ~録音に使用する機材~
/pt3 ~録音環境について~
/pt4 ~録音後にやること、ノイズ除去等~

****************************


〈ノイズ除去〉

音に対してノイズはいつ何時でも悪です。ないほうが絶対に良い。そこで録音した音に対してノイズ除去をしようと試みるわけです。

やり方はソフトを使ったものです。有名どころで”Audacity”。

ノイズ除去の方法は様々なサイトで解説されているのでここでは割愛します。



〈映像との同期〉

音声と一緒に映像を撮った場合は、動画編集ソフト等で音と映像を合わせる必要が出てきます。持っているソフト、使用するソフトはそれぞれなので何とも言えないですが、基本的な使い方だけで作れるので少し説明を読めばすぐできると思います。

録音・録画時に手を叩いて録音したと思いますので、その音を参考に映像と音声を同期させます。
音声はレコーダーで収録したものを使うのでカメラ側の音は使用しません。同期がすんだらミュートや削除しましょう。

また音声チャンネルが反転してしまっている(右と左の音が逆になっている)ことなどが稀にありますので、そこをチェックし、逆であれば音声チャンネルの反転をします。

これは使用しているソフト内のエフェクトでできる場合もありますが、他のソフトを使用してもできるのでやりやすいほうで行いましょう。

またレコーダーの設定で行えることもあるので確認しましょう。

※Zoom H4nなどは設定で反転できます。

参考リンク




*************************

これで動画としては完成したと思います。あとは書き出して動画ファイルや音声ファイルを動画サイトなり、音声サイトなりにアップロードするだけです。

主流なのは、”ニコニコ動画”か”YOUTUBE”だと思います。YOUTUBEはその書き出したファイルを直接アップロード可能だと思いますので、簡単です。

が、ニコニコはサイズ制限などがシビアです。以前の記事で便利なソフトを紹介したのでそのエントリー記事を張っておきます。




これでオッケーです。あとはいろいろな音を収録し続けるだけです。

******************

/pt1 ~音フェチ動画の種類~
/pt2 ~録音に使用する機材~
/pt3 ~録音環境について~
/pt4 ~録音後にやること、ノイズ除去等~

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。