TASCAM,DR-07mk2を使用中、バスパワーから電池への切り替えが可能かテスト。

TASCAM,DR-07mk2を使用中、バスパワーから電池への切り替えが可能かテストします。



今回からなんとなくモヤさま風にしてみました。

録音中、USBバズパワーの状態から

電力電池供給に切り替えます。
全く問題なく行えました。USBを接続した時点で自動的にバズパワー方式に変わるようでした。問題の音声も特に途切れることなくRECできています。

しかしながら、ケーブルを抜く音などが盛大に入ってしまうので外部マイクを接続している時以外は気を付けなければなりません。

また、今回の実験ではUSBバズパワー電力供給時に、電池が入っている場合、電池のほうは減るのか分かりません。

実験しようと思った経緯。

録音中に誤ってケーブルが抜けてしまうことが考えられたので、その場合に電池を入れておくことで対処できるのか気になったためでした。

こういった使い方をする機会があるのかは全くの疑問ですが、一応・・・

バズパワーと思っていたら”バスパワー”だった。恥ずかしや


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。