PanasonicのLX7にKiwi Fotosのレンズアダプターを介してRowa JPの52mm径のワイコンを付ける

普段使っているPanasonicのLX7というデジカメ。これにワイコンを付けてみたい!と思い今回買ってみました!

割と最近LX7用のレンズアダプターが発売されたらしくそれを同時購入。今まではレンズフィルターを装着するためのレンズの本当に先端にワイコンを装着するしかなかったみたいです。

レンズの先端に付けるのはレンズへの負担が大きそうであまり好ましい状況ではなかったと。

しかし、Kiwi Fotosなるメーカーからレンズアダプターが出たことにより割と簡単、安心してワイコンを使用できる環境が整った様子。

そのような背景をちょっとググったところで商品を購入し実際に装着してみました。




―今回の品―


Panasonic デジタルカメラ ルミックス LX7 光学3.8倍 ブラック DMC-LX7-K



ロワ RW-W-52-7X 0.7x 超薄型ワイドコンバージョンレンズ



パナソニック LUMIX LX7 フィルターアダプター(52mm)


※ピンボケ注意


完成図

KIWIという謎のメーカーから出ているレンズアダプター、アマゾンではLX7用としっかりかかれているが。。。

説明書に書かれているカメラにCANONの文字・・・まぁなんでも使えるんだったら目をつむるよ

ただの筒です。これが2400円とか。。。

続いてワイコン。ロワジャパンって結構有名なところでカメラの周辺物品とかいろいろあるよね。

DSLR(一眼レフ)のAFに対応しているプロようだと誇示している。倍率は0.7倍でボディ側の経口が52mmです。

レンズアダプターを取り付けるにはLX7の部品を一つ外さないといけなくて素手では意外と難しいので今回はゴム製の何かを用意しました。

こうふちに押し当てて反時計回し

すると部品がとれる。

そこにすかさずレンズアダプターを装着。ちょっとねじが浅め。
その先にワイコンつければ完成である。

こんな感じ。LX3,LX5ワイコン付とホントそっくり。

ドンぐらい広くなるか実験。壁までは50cmぐらい。内側の養生テープが通常時で外側がワイコン装着時。ケラレはないように感じる。画質もそれほど劣化しているようには見えない。湾曲はもちろんあるが許容の範囲内。

肝心のAFであるが、ワイド側では問題ないと思う。しかしほかのワイコンしかりZOOMしてしまうと合わなくなる。今回の組み合わせでは2倍がAFの限界。それ以上は盛大にぼける。当然であるだろうがMFでも2倍以上のZOOM時だとピンとれない
今回はレンズアダプターの径が52mmということで選択肢としては、digital kingのワイコンも考えてはいたがロワのものよりは高い。

高くても性能が良ければいいのだが、レビューしている人の意見を鵜呑みにしてそれほどの違いはなさそうと判断しました。

その参考にした動画を貼っておきます。





コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。