野外撮影照明用にCree社T6 XM-L2 LED使用の高輝度懐中電灯を買ってみた。

野外撮影照明用にCree社T6 XM-L2 LED使用の高輝度懐中電灯を買ってみた。ズーム機能でスポットライトのような効果を目指したい。




それを実現してくれそうな期待を込めて購入してみました。僕個人で野外照明を組むことは金銭的には体力的にも、マンパワー不足です。なので、野外用にリチウム充電式のLED投光器を考えていました。

GOODGOODS LED投光器 24W 充電式 ポータブル投光器 便携式 作業灯 2400LM 昼白色【GH12-2】【二年保証】18650リチウム電池3本付 防水 地震 防災グッズ

もちろんLED投光器は明るく、バッテリーも大きいので長時間照射ができますが、今回演出的に求めたのがスポットライト効果。投光器だと広範囲を照らしすぎます。

どうにか工夫して明かりを絞ることも出来たと思いますが、現場でセッティング等に手間取るのちょっと嫌です。

という経緯があって、目を付けたのがLEDライトでした。そしてなるべく強力で、使えそうなもの。

最近はLEDが一般的になりかなり低価格でよいものが買えます。普通の懐中電灯と、明るさが全く異なります。

僕が購入したものはこちら↓

[2015年モデル] T6 XM-L2 LED UltraFire Q5 CREE 1300LM ハンディ クリー ライト 5モード切り替え ズーム機能付 防水 AK26 (リチウム電池・充電器付フルセット)


LEDチップにもいろいろと年式等があるらしく、2015年最新と書かれたものを購入しました。値段は送料込み3,980円。

明るさは1,300ルーメン。投光器に比べると圧倒的に明るさは劣るようですが、必要十分だと判断しました。


長さは10cmぐらいかな。割と小さい。

このLEDライトの特徴、ZOOM機能。照射範囲を絞ったり

広げたりできる。これで今回スポットライト的な使用をしたい。

三階の屋上に設置して照らしてみる。十分すぎる明るさ。コンデジ撮影でもこの明るさだったら、α7sならもっと綺麗に撮れるであろう。

【内容物】
・LEDライト本体
・ライトケース(ベルト穴あり)
・リチウム電池1本(18650) ※日本にはない規格。しかしネットで容易に購入可能。
・単四電池3本を組み込むアダプター
・充電器(2本用)
・自転車ハンドル設置器具



付属充電器の差し込みプラグの形状が面白い。これは普通の日本の差し込みプラグ。穴あいてるでしょ?

付属のものはあいてない。特に支障なければいいけど、初めて見た。

リチウム電池を差し込むと緑のLEDランプがついた。どういう意味だかわからないけど、たぶん十分充電できてますって意味だと思う。

うん。結構使えると思う。実用には耐えうるっていう感じです。手軽に設置して軽量で充電式で個人撮影にはもってこい。電源なんて基本的に引っ張ってこれないし、発電機なんかもちろん準備できない。

野外の撮影照明っていうのは意外と準備するのが面倒だけど確実に必要。

実際に撮影したら映像とともに使用してみての感想をまた書きたいと思います。たぶん来月ぐらい?

今回購入したライトは中国製。その辺はやっぱり心配だよね。電池爆発しないかな・・・・?あと細かいとこだとレンズのほうに結構傷があるんだよね。

使用上問題なければ個人的にスルーポイントだけれど、気になる人は購入をしっかりと検討されたい。

まぁ安いから。うん。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。