噂のバイノーラルマイク録音をするためWM-61Aというコンデンサマイクを買って激安自作してみよう part2

今回は具体的な自作バイノーラル録音マイクの作り方を記述していきたいと思います。めちゃくちゃ安くできますのでお勧め。一眼の外部マイクとしても使用可能。


【必須】

WM-61A(秋月電子通商)
・イヤホン(ダイソー)
はんだこて(アマゾン)

【あれば便利】

・ハンダこて台(ダイソー)
・はんだ用ピンセット(ダイソー)
・グルーガン(ダイソー)
・電動ドリル
・やすり
コンデンサマイクはかの有名な電子工作部品の店秋月電子通商でWM-61A(200円)を購入しました。イヤホンはダイソーのもの。ノイズなどが気になる人は、しっかりとオーディオケーブルを使用したほうがよさそうです。

はんだこては低温温度調節のでき、かつ先端が細いものをえらびました。


白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600

後のものは他のもので代用できそうですが、一応そろえて使用しました。

1.はんだこてを温める。
高温すぎるとマイクを壊してしまうためぎりぎりの温度設定を行う。(270℃)

2.イヤホンを分解する。継ぎ目に爪を入れると簡単に外れると思います。
3.スピーカーを取り出す。配線を切らないように注意する。

4.イヤホンからマイクを取り外す。はんだこてをあて融解させ引き抜く。

5.コンデンサマイクに4で引き抜いた線を半田こてを使い繋ぐ。
繋ぐ配線ですが、アウトプットのほうにカラー線(今回は赤と緑)、グラウンドのほうにL/R両方にある色の線(今回は金)を繋ぐ。

WM-61Aの説明図1

WM-61Aの説明書_01

WM-61Aの説明書_02


6.グランドのほうにも配線する。

7.上手ではないですがこのようにつなぐようです。

8.レコーダーによりテストする。プラグインパワーを使用できるレコーダー又はカメラなどでテスト。
ここで問題があれば配線を確認する。

9.マイクを配置する場所を確保する。まずイヤホンの片方に穴を開ける。ポンチを打つ。

10.ドリルで穴を開ける。プラスティックなのでなんでも開けられそう。キリや手動ドリルでも

11.開けた穴をマイクの大きさまで拡大する。

12.マイクを固定するためにグルーガンを使用してグルーを流し込む。

13.元のイヤホンのようにはめ込む。

14.イヤホン型コンデンサマイクの完成。

といった感じで素人でも激安でバイノーラル録音用コンデンサマイクが作成可能です。次はマイクを仕込むダミーヘッドを作ってみたいと思います。

作成に関する動画もあるので拝見ください。最後のほうにサンプル音声がついています。






コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。