ガンマイクの筒にはなぜ溝が掘ってあるのか。溝なしと溝有で比較してみよう。

DIYガンマイクを作る際に形状について調べていた。ガンマイクには多くの溝が掘られている。なぜなのか。今回はそれを実際に録音して検証してみた。

長さは同じ。溝有と溝なしアルミチューブ





どうだったであろうか。やはり英語のサイトの説明で書かれていた通りに。溝がないとこもった音になる。しかし音量自体は溝がないほうが大きい。

クリアさは溝有のほうに軍配があがる。さすがに考えられた形状をしているわけだ。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。