野外の撮影に照明は必須。LED投光器を選ぶ際に便利そうな情報

野外の撮影。照明が一番の問題ですよね。プロの現場ならいくらでも機材運び入れできますが、そうでない場合、どうするか。省エネである充電式LED投光器を使うのが無難でしょう。

ということでLED投光器を購入しようと思いましたが、いかんせんわからないことが多い。どれを買えばいいのかわからない。



【明るさの表示】

電気で明るさを表す単位といえばワット(w)。しかし、ワットというのはそもそも消費電力のことらしく明るさの単位ではないとのこと。そこでLED照明においては輝度をルーメン(lm)であらわされる。数値が大きければ明るいのは同じだ。

選ぶ一番の基準は明るさだと思うので、その比較しているサイトや動画を一覧しておきます。



【明るさ比較】


LED投光器 明るさ比較










【光の種類】

昼光色、昼白色、電球色と種類があるようです。ホワイトバランス設定にあるような色の違いです。

あかりの色の選び方





値段、種類ともにさまざまなので下調べして買うのがよさそうです。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。