カメラのキタムラのオンラインストアで買った交換レンズを実店舗で修理に出す。

手持ちのタムロンレンズの電子接点部分が接触不良になり絞りとオートフォーカスが効かなくなりました。エツミのナノカーボンペンという接点改質剤を使用しても直らなかったのでメーカー修理に出しました。



TAMRON 大口径標準ズームレンズ SP AF28-75mm F2.8 XR Di キヤノン用 フルサイズ対応 A09E




【アマゾンオリジナル】 ETSUMI メンテナンス用品 ナノカーボンペン ETM-9947 


レンズはカメラのキタムラのオンラインストアで購入、自宅配送してもらっており、実店舗は全く経由していない。

少し調べたところオンラインで修理依頼して配送業者に回収してもらうか、実店舗に持ち込み修理依頼をするのと二通りの方法があるらしい。

----------------
カメラのキタムラ/修理のご案内
http://shop.kitamura.jp/files/syuuri/index.html
----------------

梱包などの手間を考えれば実店舗に持っていくのもほとんど変わらないと思い実店舗に持っていくことにしました。

そこで必要なもの。箱やらすべて保存していたので購入時の状態で持って行った。しかし必要なのはレンズとキャップだけだったようだ。

・本体
・保証書
・納品書(受領証) ※注文確認メールの本文印刷でもOK

上記の三つあればOK。店舗で個人情報を書いて修理依頼完了見たいです。

僕は今回納品書というものをおそらく破棄してしまっていた。これはまずいと思ったが、たいてい注文番号などでデータを保存してあるから大丈夫だろうと思っていた。なので注文確定メールの注文番号の部分を写真撮っていた。

結論から言えば、書面で必要であった。注文番号などを控えても何かしら店舗を経由した購入でない限り店舗のデータにはないらしい。大元で確認できるのではと尋ねたけれど対応してくれず・・・

カメラのキタムラから購入したという証拠がないとダメとのこと。

ではメールの注文書で大丈夫なのかと尋ねる。分かりかねると店員さん。レンズの修理センターに確認してくれる。

注文情報が載っているメールの文面の印刷でオッケーのようだ。その際に必要なのは購入日時と購入品名の記載であるらしい。

修理には約1か月ほどかかるらしい、これは沖縄という土地柄。本土だと2~3週間のようだ。

今回接点部分の接触不良だったのでどんな修理になりそうかと尋ねたところ、金属部分を含む基盤の交換をするみたいである。直らないことはあるのかと尋ねたところ、このような症状であれば確実に直るそうです。安心。

しかし、一か月は遠い・・・

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。