いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第三十九回 「darwinfish105」

今回紹介するチャンネルは「darwinfish105」さんのチャンネルです。

あまり撮影に関する知識がない人は「なんだこの映像は!?」と驚くほどインパクトがあると思います。

いわゆる【タイムラプス映像】というものを主に撮影されている方のYOUTUBEチャンネルになります。タイムラプス映像とは定点、一定間隔で写真(静止画)を撮影し、それをつなげ動画にしたものになります。

すごく面白いですよね。撮影技法の一つであり、それを効果的に使った映像作りをしています。僕もタイムラプスの知識はdarwinfish105さんの動画とブログからだいぶ学びました。(参考にさせてもらいました。ありがとうございます。)

ここで一つ。




タイムラプス撮影を何度か行ったことがありますが、慣れるまでは大変かもしれません。一度スタートしたら一定の時間カメラを動かしてはダメ。データ量。すべてRAWファイルで撮影し、その後編集にかける手間。

なかなかの作業量です。

またタイムラプスを有効に撮影するための機材もある程度そろえなければなりません。インターバルタイマーは必須でしょう。それ以外にもガラス部にカメラを強力吸着させる専用の吸盤や、カメラを一定スピードで回転、移動させるGenieという機材なんかもあるといいです。

Genie欲しいなぁー。10万ぐらい?高いんですよねー・・・




上の動画は、タイムラプス撮影にプラスしてチルトシフト画像にしたもの。いわゆるミニチュアエフェクトです。遠景は基本的にパンフォーカス(画面全体にピントが合っているように見える)になるのですが、あえて小さいエリアにピントをあてることにより、脳が勘違いをしミニチュア、接写で見ているような感覚になるようです。

普段僕たちが生活している場面ですが、異空間に見えますよね。これこそが映像の真骨頂な気がします。

【今回の紹介チャンネル】
darwinfish105
https://www.youtube.com/channel/UCFyFwdj4rEMLYq2-VzPX_cA

タイムラプスを勉強したい方はブログも要チェック。

HIGH-DEF(はいでふ)
http://darwinfish105.blogspot.jp/


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。