投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第四十一回 「kakky tv」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「kakky tv」さんのチャンネルです。

バラエティ+音楽っていう感じです。最近は主にkakkyさんがジュラフグラフという沖縄のバンドメンバーと一緒にカキ×グラというバラエティ動画を作成している。

編集もしっかりとしておりかなり見やすい。そして、こう何ともギャーギャーしているバラエティではなく安定している。勢いとかではなく、登場人物の人柄を楽しめる動画だと思います。




すごく見やすいですよね。そしてまた、ジュラフグラフの曲がかっこええ。




こういったバンドの活動方法って今後増えてくるのではと思います。個人個人がメディアを持っているような時代なので、音楽という基盤と映像という基盤両方で活動していくのが成功への近道なのではないか。

kakky tvはそういった側面からも今後の展開が楽しみなチャンネルです。

【今回の紹介チャンネル】
kakky tv
https://www.youtube.com/channel/UCIdSZPOlVQ5juUgwrX8I5Qg


【YOUTUBER女装頂上決戦】 は?全然マホトより俺のが可愛いと思うけど、どうなの?教えて。一般人。

イメージ
※親しみを込めて敬称つけておりません。悪しからず

イケメンYOUTUBERとして名高いマホトがいます。もちろん彼はすごいイケメンで女子からの人気がすごい。

「可愛い」との声も多数・・・




といった感じ。

まぁそれはそれでいいです。

僕が言っているのは女装!(は?)

真っ向から勝負してもおそらく勝てないので女装した時の可愛さで勝負していこうじゃないかと。有名動画投稿者たちは結構女装していたのでそれも交えて全部見ていきましょう。



【HIKAKIN×マホト】





【たいぽん】





【百花繚乱】





【しんくん×ゆきゆき】





【マスオ】




【もるさん×マホト×トミック】




んで、僕。

【Hamamoto】



いかがでしょうか。あれでしょ?動画の中では見づらいんでしょ。ちゃんとキャプチャしておきました。では各個人の一覧女装写真どうぞ。

あー、なんか宣材写真みたいになってしまいましたね。比較対象として美人YOUTUBERの写真も並べてみましょう。

----------------- 参考用美人女性YOUTUBER -----------------


----------------------------------------------------------------

はい。参考見たところで本題に行きましょう。1から10までどうぞ。










沖縄のなんだか面白そうな人を紹介する。 第三回 [宮平守壱郎]

イメージ
宮平守壱郎。彼は沖縄でMVやCM制作等を手掛けているフリーの映像クリエイターです。撮影から編集までなんでもこなすすごい人。

普通のプロが作る映像作品というのは、すべてが分業です。演出家、カメラマン、照明職人、音響さん、編集マン(グラフィックデザイナー、カラリスト)などそれぞれがそれぞれの仕事をします。

それらをすべて一人で行ってあの映像のクオリティというのは驚きます。




沖縄のバンド「Civilian Skunk」のMV。

ただただプロであるとしか言いようがない。

しかも若い。僕と同い年(1988年生まれ)。今後も伸びしろがとてもあり、素晴らしいものをこれからも作り続けていくのでしょう。

こういったセンスと技術、本当に憧れます。





映像のジャンルも様々ですよね。ポップな感じのものからスモーキーなやつまで。その曲のイメージあった映像作りをしている。これがまさにMVの理想だと思います。

音楽と映像のマッチに全く違和感がない。

沖縄にもどえらい人々がいるものですねー。


沖縄のなんだか面白そうな人を紹介する。 第二回 [Rude-α]

イメージ
高校生ラッパーのRude-α。沖縄からBAZOOKA高校生ラップ選手権にて初出場ながら準優勝に輝く。ラップと言えば関東、京都、大阪といったイメージがあるが、沖縄にもラッパーがいるという証明にもなったように思う。



決勝ではMCニガリと対決し敗北するも、その存在感は圧倒的である。



近々ミニアルバムが出るらしくその中からの一曲。



流れるような歌い方で心地よい。

今現在は知名度が一気に上がり各地のイベントに出ている様子。沖縄にいるときはL-lineという沖縄のバーに通いラップを練習しているのかもしれない。

このL-lineというバーはROMMELさんという方が、経営しておりその方も自身もラッパーである。

様子を想像するに、この沖縄市にあるバーL-lineを軸に各ラッパー、DJ、トラックメイカーなどがHIPHOP文化をなぞっているのではないか。

今度潜入してみましょう。


沖縄のなんだか面白そうな人を紹介する。 第一回 [HumanBeatboxer T.K]

イメージ
ヒューマンビートボックス。今では知っている人も多いだろう。口で多彩な音を出しビートを刻むアレだ。沖縄にもビートボクサーがいる。

[HumanBeatboxer T.K]
それが彼の名前である。
まだ実際にライブを見たことはないがちょくちょくイベントに呼ばれステージをしているらしい。各地の祭りや、たまに国際通りのトランジットモールでもストリートパフォーマンスをしているらしき情報を見た。



沖縄のローカル番組「沖縄BON」に出演したことも

実は僕も以前ビートボックスには「簡単そうだ!」と思い挑戦していた時期がある。
しかしこれが結構難しい。

口でブカツカするだけでしょ。と思うかもしれないがリズムを一定に刻む。そして長らくするのがめちゃくそ大変なのだ。

腹式呼吸をできないのも僕が下手なままdatta原因なのかもしれない。

そんなわけもあってビートボックスをしているT.Kさんはすごいと思う。人前でパフォーマンスをする。そんな人々を僕は魅力的に感じる。

いずれ会う機会が持てるといいなぁー・・・

YOUTUBEチャンネルも一応あるがほとんど更新されていない。映像をもっと出したらいいのになぁー。。。

 [HumanBeatboxer T.K]

YOUTUBEチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCim7UTNL32RN1M_vwKBYMag

Twitterアカウント
https://twitter.com/humanbeatboxtk

アメーバブログ
http://ameblo.jp/tkbeatbox/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/HumanbeatboxerT.K


いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第四十回 「Hayato&Ryuya」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「Hayato&Ryuya」さんのチャンネルです。

あの人たちですよ。輪ゴムつないで自作バンジーした人たち。知りませんか?ではまずこちらをご覧ください。




とんでもなくクレイジーな人々。しかしかっこいい。こういう大人がいるといいよね。

そして最近は編集もかなりクールになっています。素晴らしい。




人生を謳歌している感じが伝わってきて嬉しいですよね。やはりこうやって面白いこと企画して人生を歩んでいかないともったいないですよね。

日々に楽しみを見つける才能を開拓していかないとなぁーと思いました。

【今回の紹介チャンネル】
Hayato&Ryuya
https://www.youtube.com/channel/UCKcY05wdBASk28bXdhOIyAQ


掃除する猫が面白い。「もーっ、ちゃんとして!」って声が聞こえてきそう

イメージ
掃除する猫というタイトルそのままの動画が面白い

猫ちゃんが雑巾がけをしている。

しかもバックしながら!





撮影時に三脚が必要な五つの理由と、不必要な五つの理由

イメージ
撮影時に三脚が必要な五つの理由と、不必要な五つの理由。いつもカメラ関係の動画をあげるチャンネルがあるので、そこから抜粋。

オリジナル動画はこちら。





必要な理由1:ブレをなくす。

-三脚を立てずに撮ったためにブレブレの写真になってしまうことは少なくない。的確なショットをするために三脚は必要。

不必要な理由1:良いものを手に入れられない ※質の悪いものを買ってもダメ。

-高いものを買わなくても重ければしっかりしたものはある。しかし、チープなつくりのものは駄目である。ロックしてもぐらぐら動く。カメラをのせない状態でもグラグラなので、のせるともっとぐらつく可能性がある。すぐ壊れる。

必要な理由2:三脚をセッティングする手間があるのでしっかりと考えられたショットができる。

-ライトや構図、テストをしてどのようなものが撮れるか考える。パパッととることがないので撮ることに集中でき結果としていいものが撮れる。

不必要な理由2:手間がかかり、撮りたい場面が変わってしまう。

-一瞬の場面を切り抜きたいときに三脚は不要であるということ。

必要な理由3:長時間露光、HDR撮影、ブラケット撮影時には必須

-以上の3つの撮影をするためには三脚は必須であり、使わなければいけない。三脚が動かないことが重要なので追加の重りなどもあればなおよし。電子シャッター制御やリモートコントローラーがあるほうがよい。いずれも手動操作による振動をなくすため。

不必要な理由3:施設内など場所に制約のあるスペースでは三脚を立てられないことがある。

-施設内や人通りの多い場所、何かの邪魔になる場所には三脚を立てることは困難であり迷惑になる場合がある。そういった際には三脚はただのお荷物である。誰かを躓かせたり、三脚をけられて壊れることもある。

必要な理由4:動画をきれいに撮影する

-ドキュメンタリー風などの撮影意図がない限りは三脚を立てたほうが無難である。三脚を使用すれば安定した綺麗な動画を撮ることが可能である。一脚もしかり。

不必要な理由4:三脚の取り回しには注意が必要である

-三脚は棒状であるから取り回し方によっては人に危害を加えたりものを破損させたりする危険性があり、注意が必要である。

必要な理由5:より低い位置、より高い位置での撮影が可能。

-手だけでは届かない範囲からの撮影が可能である。

不必要な理由5:三脚があったせいで損害を…

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第三十九回 「darwinfish105」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「darwinfish105」さんのチャンネルです。

あまり撮影に関する知識がない人は「なんだこの映像は!?」と驚くほどインパクトがあると思います。

いわゆる【タイムラプス映像】というものを主に撮影されている方のYOUTUBEチャンネルになります。タイムラプス映像とは定点、一定間隔で写真(静止画)を撮影し、それをつなげ動画にしたものになります。

すごく面白いですよね。撮影技法の一つであり、それを効果的に使った映像作りをしています。僕もタイムラプスの知識はdarwinfish105さんの動画とブログからだいぶ学びました。(参考にさせてもらいました。ありがとうございます。)

ここで一つ。




タイムラプス撮影を何度か行ったことがありますが、慣れるまでは大変かもしれません。一度スタートしたら一定の時間カメラを動かしてはダメ。データ量。すべてRAWファイルで撮影し、その後編集にかける手間。

なかなかの作業量です。

またタイムラプスを有効に撮影するための機材もある程度そろえなければなりません。インターバルタイマーは必須でしょう。それ以外にもガラス部にカメラを強力吸着させる専用の吸盤や、カメラを一定スピードで回転、移動させるGenieという機材なんかもあるといいです。

Genie欲しいなぁー。10万ぐらい?高いんですよねー・・・




上の動画は、タイムラプス撮影にプラスしてチルトシフト画像にしたもの。いわゆるミニチュアエフェクトです。遠景は基本的にパンフォーカス(画面全体にピントが合っているように見える)になるのですが、あえて小さいエリアにピントをあてることにより、脳が勘違いをしミニチュア、接写で見ているような感覚になるようです。

普段僕たちが生活している場面ですが、異空間に見えますよね。これこそが映像の真骨頂な気がします。

【今回の紹介チャンネル】
darwinfish105
https://www.youtube.com/channel/UCFyFwdj4rEMLYq2-VzPX_cA

タイムラプスを勉強したい方はブログも要チェック。

HIGH-DEF(はいでふ)
http://darwinfish105.blogspot.jp/


四六時中YOUTUBEを徘徊している僕が考える 【YOUTUBERのなり方】 ~成り上がるには~

イメージ
YOUTUBERという言葉が世間一般に知られ、その存在に憧れ、自分もやってみたい!と思う人も多いでしょう。

そこで四六時中YOUTUBEを徘徊している僕がYOUTUBERのなり方を考えてみた。



【YOUTUBERのなり方】

端的に言えばなるのは簡単である。それは言ってしまえば勝ち理論で、単になんでもいいからYOUTUBEに動画を挙げればYOUTUBERだと名乗れる。それに必要なのはスマホ一個だけだろう。

しかしここで記述したいのは今現在日本のYOUTUBEで有名な人々のように(子どもたちにウケるように)なるにはということである。

必須ではないけれどあればよさそうな条件を挙げよう。


------------------------

1.バカが出来る
 -YOUTUBEの視聴者層はかなり低年齢(小中学生~大学生)なのでいかに面白おかしくいろいろなことをできるか。単純であれば単純であるほど良し。

2.目立ちたがり屋である
 -兎にも角にも画面の中に立つのであるから、カメラ前で堂々と立ち振る舞わなければならない。そこでモジモジしていてもしょうがないわけである。

3.アイディア出しが上手
 -人のまねをしても二番煎じでウケない。オリジナルのネタを出していかなければならない。ある程度アイディアは盗むにしろ、そこにプラスしてアイディアを出していかないといけない。

4.日常生活でも人を笑わせられる
 -基本的に日常で相手にされない人は、YOUTUBEでも相手にされない。

5.動画を作る技術を勉強できる
 -誰でも一瞬で動画を生成できる時代ではあるが、クオリティを高めてより見やすい動画を作らなければ視聴者にストレスを与える。

6.人見知りをしない
 -今一番の正攻法は、コラボといわれている。ある程度数字を持っている人と一緒に動画を作ることである。それを行う上で初対面の人とのコミュニケーションは必須。

7.自己主張を抑えられる
 -ある程度キャラクターを作るのが得策。自分のやりたいようにやりたいことをしてもかなり求心力がない限りウケない。SNSという側面を理解し、視聴者の意見を取り入れたりと良好な関係を作らないといけない。ある程度自分を曲げることも必要である。

8.忍耐力がある
 -知名度を上げるのには時間が基本的には必要。反応が薄くてもなくてもコンスタントに動画を上げ続けなければいけない。ある程度…

ほじゃすたっていうやつらが有名動画のコメント欄で売名行為をし成功している。やっぱコメントより流入は効果的なんだね。

イメージ
以前、YOUTUBE上で自分の動画にアクセスを流入させる手段として「人気動画のコメント欄から流入させる方法が有効かもしれない」というものを紹介しましたが、それを地で行っている「ほじゃすた」やつらがいた。

YOUTUBEでのコメントから自分の動画へ流入させるのっていうのは結構良い手段なのかもしれない。

「ほじゃすた」というらしい。どういう意味かは知りませんが・・・
こやつらのコメント欄を使った売名行為がすごい。有名YOUTUBERの動画に張り付いて自分らの動画に誘導しまくっている。

ちょっとキャプチャを探してこようかと思ったんですが、意外となくてあきらめました。
(探しているときに同じように売名行為している人が多数いた・・・)



んで売名の結果割とチャンネル登録者も増えて評価もついてきている。コメントを読む人は割と多いんだね。YOUTUBEは一応SNSだからその交流という側面もあるということ。




ほじゃすたの売名行為に対する発言。売名して何としてでも有名になるんだってな感じです。まぁ確かに数持てば金も稼げるし、栄光欲も満たされるだろう。

まぁ他人事なんでどうでもいいんですが、売名行為をされている人の意見もある。




僕なりに意訳すると「売名コメントする奴は嫌い」

まぁふつう良くは思わないですよね。

「こいつら売名行為を行うためだけに俺の動画んとこきてる。」

て思う。現実でいうところの

「俺が金持で羽振りもいいし、女の子もいるし、友達も多いからそのおこぼれを貰おうと近寄ってくる」

に置き換えることができると思う。

これはその人の人間性を否定しているように受け取られることもあるだろう。

なんだかなぁーってところだと思います。個人的な意見を言えば絶対やるべきではないことだと思う。人に対して失礼極まりない。

どう思われますか。


いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第三十八回 「Combover. Jp」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「Combover. Jp」さんのチャンネルです。

もう知っている人は多いと思いますが、元腹切万歳の面子三人が結成した新しいグループです。そのメンバーとは銭無(ZENIM)、GOME、ちゃちゃ丸の三人。
先週ぐらいから動画の更新がスタートしました。毎週金曜日に動画をあげていくようです。
腹切万歳解散から結構な時間が立ち、動画を待ち望んでいた人もいたのではないでしょうか。腹切を支持している人は多く、影響を受けた人もおおいはず。
彼らは他のYOUTUBERたちと違い、ビジュアルのかっこよさを追求しているグループのような気がします。かっこいい映像作りといいますか。
でこの、Comboverですが腹切時代のような痛々しいのはやらないようなことをツイッターか何かで書かれているのを見ました。僕の勝手な予想だけど以前はt-city iwakiがやばすぎた感がある。
(ところでt-city iwakiはなにしてるんだろう。チャンネルも更新されないし・・・)
まぁでもその変遷はよかったような気もする。腹切万歳のような動画は万人には受けないし、本人たちにも相当な負担があったからだ。
腹切時代の映像的かっこよさを維持、発展させつつ企画なんかをやっていけば腹切時代に引き込めなかったビューワーも取り込めると思う。



どうでしょう。グロさゼロ!




なんか平和的いいと思います。が、こう思っている人もいることでしょう。

「腹切万歳の頃が激しくてハラハラして、アングラ感がよかった。ヤバイぶっ飛んでた!」

いやわかります。分かりますけど、彼らの意向も汲み取っていただきたいと思います。見てコメント書くのは簡単。

それ読んでどうするかは彼ら次第ですからその点留意しましょう。

【今回の紹介チャンネル】
Combover. Jp
https://www.youtube.com/channel/UCQvnpoLx2x6uHhTEndKBvNA