youtubeで「第三者のコンテンツと一致しました。」という警告

youtubeで「第三者のコンテンツと一致しました。」という警告が来たら焦りますよね。正当な方法でやっているにもかかわらず警告が来た場合。

不服を申し立てることができます。その著作権違反ではないですよ。とYOUTUBE側に訴えるわけですが、異議申し立てを行う上での予備知識が必要になると思います。

僕が参考にしたのは以下の個人ブログです。

YouTubeでの異議申し立てという引っかけ問題
http://rapid09.blog135.fc2.com/blog-entry-403.html



この方がいうに、YOUTUBEが提示してくる異議申し立て理由の1~3はひっかけ問題。落とし穴でありうまく申請できないと。

4~7を選ぶような状況でないと異議申し立てが完了されないようです。

正当な理由で異議申し立てを行う場合も、しっかりと受け入れられやすいやり方があるようです。

参考にしたのはYOUTUBE[ジェイ☆チャンネル]の動画です。




ジェイさんもソフトに入っているフリー素材を使っていたが著作権侵害だと警告がきたとのことです。しかしまっとうな理由で使用を許可されているものであったので、異議申し立てをしたが、なかなか申請が進まなかったとのこと。

申請を早めるうえで大事なのは、きちんとした情報をしっかりと渡すということ。

・曲名
・アーティスト
・ダウンロードリンク
・ライセンス表記

等ですよね。向こうの方(YOUTUBE側の方)がチェックするうえで必要な情報。





コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。