SC-02Bをkitkat4.4.4を再導入した際に通話と通信が使えなくなったが、何とか使えるようになった。

SC-02Bをkitkat4.4.4を再導入した際、IMEIとベースバンドバージョンが不明になりSIMを認識せず通話と通信が使えなくなったが、何とかSIMを認識させ使えるようになった。

カメラが起動できないのとSIMの認識がうまくできないとう不具合が発生していたので、いっそのこと再度カスタムROMを最初から導入してしまえと初期化から、復元することにしました。

のちにわかることですが、カメラはアプリはインカメラに変更してしまうとエラーが出るようになって起動できなくなってしまうようです。しかし、アプリのデータを消去、キャッシュを消去すれば再度使えるようになるとのこと。

エラーが出る?それもそのはず、日本版のSC-02B端末にはインカメラが搭載されていない。海外版のSC-02B(GT i9000)には搭載されている。カスタムROMに入っているアプリは海外向けになるよう。ないカメラを起動させる。そりゃあ、アンドロイドさんでも混乱するわな。

というわけで、カメラのエラーは解決。

次の課題はSIM認識。これは結構皆さん陥る問題の様子。

取りあえず、IMEIが不明になっていることが最大の原因らしい。これがないとベースバンドバージョンも不明になり、SIMが認識されていないってことで、通話、通信がもちろんできない。

IMEIを認識させる。

僕も最初からカスタムROMを入れなおした直後は、IMEIとベースバンドが不明になっておりSIMを認識していなかった。

GOOGLEで検索して、ほかの人のブログを見ていたら、機内モードに一定時間していて、戻したら認識する。という記事を見て実行。

機内モードにして10分ほど放置。その後勝手に再起動していましたが、見事にSIMが認識されておりました。IMEIも表示、ベースバンドバージョンも表示。通話も通信もばっちりオッケー。

これでやっと完全復帰できました。おしまい。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。