YOUTUBEにあげる動画のネタが思い浮かばないならシリーズを作れ

YOUTUBEに動画を頻繁にあげるのってかなり大変ですが、シリーズものを作れば楽勝で毎日でも投稿できると思います。

シリーズってありますよね。もう起承転結や流れが決まっているわけです。テンプレートをいったん作ってしまえば、あとはそれにとって何か撮るだけ。



HIKAKINのレビュー動画もそれなので、彼は毎日1時間程度の作業で動画を作り上げることでしょう。それをうまく使っているのが東京倉庫さんの「涼子の育乳」だと思います。







凄いですよね。あれほど汎用性が高くて、人の興味を惹くものを考えた東京倉庫さんに乾杯。

あれってなんでもいいわけですよ。とりあえず、シチュエーションと道具を用意して、胸にものをこすりつけるなり当てるなりすれば動画として成り立つ。



さらにおっぱい(胸)という男性ならば誰でも見たいものを売りとしている。あれは涼子さんのようなトリッキーな人がいたからできた芸当で、なかなかWEB上に自分の胸の小ささを生かして動画コンテンツを作ってやろうって人はいないと思います。

素晴らしい。あれは恐らく一生ネタが尽きませんよね。しかし、どうなのでしょう。シリーズというものはパターンが読めてしまって、面白くなくなるということもあり得ます。新鮮味がなくなるというか。

その辺は難しいところですが、動画のネタに困っているとか思い浮かばないって人はシリーズものをしたらいいですよ。とりあえず定期更新は出来ます。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。