YOUTUBE動画投稿する上で考えること、面白い企画を行えるか。

YOUTUBEに動画投稿をし始めたら、だんだん内容を気にしだしますよね。どんな内容の動画を撮ろうか、偶発的に撮れるものはいいですが、定期的にアップロードしている人なら、少し考えなきゃいけません。

また、ある程度視聴してもらうには面白い企画(内容)の動画を作らなければならないし、意外と考えることは多いのです。

面白い企画は考えたら考えたで、やってみたら全然画的に面白くないということもあり得ますよね。この辺はバンバンやって感覚をつかまなければいけないと思います。

僕は結構シュールな映像作りをしたいので、お手本になりそうな人のシュールな映像を見て、編集とかカット、アングル、効果音などを真似していたりします。

さて本題。

「YOUTUBE動画で使える面白い企画とは何か。」

僕が日ごろYOUTUBE動画を見ていて人気のあるものはいくつかあります。



・やってみた動画(例:メントスコーラ、1000円自販機)
 
-まぁ普段やらないことをやってみたということなので、見る人も疑似体験的に楽しめますよね。

・釣り動画(例:女声で、斎藤さん、エロイプ)
 
-これは単純に釣られた人の反応を楽しむ、「出川哲郎を見て笑う」と同じです。

・ドッキリ動画(例:赤ちゃんを全力で蹴ろうとしてみたら?)
 
-待ちゆく人々のリアルな反応をモニタリングする。こちらも人々の反応が面白い。

・チャレンジ動画(例:大食い、ムックチャレンジ)
 
-これは感動を生んだりします。真面目にやっている姿っていいですよね。

・コント、ネタ動画(例:AKBの握手会あるある、もし僕におっぱいがついていたら)

 -これは完全なコメディですよね。笑いのセンスが問われます。

とまぁ、このあたりがよくある動画ではないでしょうか。もうちょっと大がかりな企画もありますが、手軽に行えるのはこのへんでしょう。



いやしかし、僕が思っていることは企画自体は特に問題じゃないんじゃないかということ、やっぱり視聴者はその人が好きかどうかってことになると思うんです。

企画の面白さは調味料として、やはり人という素材がどれだけいいものか、そこが勝負だと思います。なのでキャラクターを作るなり、大げさに頑張るなりすればいいんじゃないですかね。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。