SUPER CUB 90ccの車体の名義変更と自賠責保険の名義変更

おじさんからSUPER CUB 90ccを本日譲り受けました。そして、すぐさま名義変更手続き(ナンバープレート再交付)と、まだ十分残っている自賠責保険の名義変更手続きをしてきました。

意外と手間ではなかったというか、手続き自体は簡単でした。書類さえあればすぐ終わるといった感じです。



場所は陸運事務所で行うと思っていたのですが市町村役所で行えるようです。行えました。
バイクの種類によっても違うのかもしれません、原付バイクなどは市町村名がナンバープレートに書かれていますよね。だから市町村役所で取扱い、その他の者は都道府県の陸運事務所での取り扱いかなという予想。

ともあれ、譲り受けたSUPER CUB 90ccは市町村役所で行います。

必要なもの

・廃車(抹消)証明書 OR 標識交付証明書
・印鑑(認印も可)
・自動車運転免許証
・ナンバープレート(取り外して)
・ 譲渡者の印鑑
※住所や氏名などの情報も窓口で書類を記載する際に必要

窓口に持っていくと、免許証のコピーを取られて、書類の記入を促されます。言われたところを記入すれば問題ないと思います。

バイクの型番や排気量、車種などを書く欄もあったように思います。



そして自賠責保険のことですが、ナンバープレートに貼ったまま窓口の方に渡しました。そうしたら、まっさらな新しいナンバープレートとそれを止めるネジがもらえます。

元のナンバープレートに自賠責保険のシールが貼ってあったので、それはどうなるか聞くと、自賠責保険に加入した場所で再発行してもらうようです。二度手間ですが・・・仕方ありません。

自賠責保険の名義変更を行わなければならないということです。言われればもちろんのような気もします。

なので、いったん家に戻ってから、自賠責保険を掛けたところに連絡をし、事務所の入っている場所まで出向きました。僕のは損保ジャパンで自賠責保険をかけていたようでして、最寄りの損保ジャパンの事務所で書類を提出して20分ほどでシールを再発行してもらいました。

その際の必要な書類は

・標識交付証明書
・印鑑(譲渡者と被譲渡者のもの)
・自賠責保険証明書
・自動車運転免許書

僕の場合、損保ジャパンの窓口で印鑑が必要だと言われていたところ持って行ったのですが、その場で印鑑を使用することはありませんでした。

がしかし、後ほど電話があり印鑑を押してもらうのを忘れたと、再度事務所の方まで向かうのは面倒だったので、郵送で行えるか確認したところ大丈夫ということでした。その日のうちに発送されて、印鑑を押し、送り返せば問題内容です。

以上の過程を経まして、おじさん名義のSUPER CUB 90ccから僕名義のものとなりました。これから丁寧に末永く使用していきたいと思います。おじさんありがとう。


コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。