うんこの水はね(お釣り)を回避する方法 パート2

うんこの水はね(お釣り)を回避する方法のパート2です。これもこれでいいんですが、少し窮屈というか体にはストレスなんですかね。

まさに便座の前に座るということ、便器の前の部分に座り、そこでうんこをするわけです。要は、水に直接落とさないから跳ねないだろうということ。聞いただけで、水跳ねはしないなとわかるほど明確な方法。

しかし、ちょっと制約が多いやり方のような気がする。まず、背もたれを使えないので体への多少が負担が増加。そして、男性ならば小便が出来ないということ。うんこ中小便するものか?という疑問がありますが、する人はします。はい。

これはね。恐らく、和式トイレからヒントを得て考えられた方法だと僕は思う。図柄が和式トイレと一緒でしょ?手前に落として奥に流す。

うんこの水跳ね(お釣り)を回避する方法を模索する日々は続く...





コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。