ティーパック飛ばし。火をつけると勝手に飛び立つんだ

ティーパック飛ばし。火をつけると勝手に飛び立つんだ。ご存知ティーパック、中身の茶葉を抜いた袋に火を放つと少し燃えて、そのあと浮上する。

なんだか不思議な現象。考えてみれば、灰が舞い上がるのと同じ原理だと思います。沖縄でもウチカビというあの世のお金を燃やして送るときに舞い上がります。もともと軽い素材だというのも大きな要因でしょうねー

出した茶葉はどんすんだ。という疑問ですが、僕は紅茶の茶葉はクッキーを作るときに一緒に混ぜて紅茶クッキーにしちゃいました。茶こしを使えば、もちろんお茶として出すことも可能ですから、後先考えずやったらいいんじゃないでしょうか?笑





コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。