動画って編集の仕方によって方向性を決められると思う。バラエティ的にするにも、かっこいいドキュメンタリー的にするのも

以前どこかで聞いた話ですが、

今の人たちはバラエティ番組を編集なし(スーパーテロップや効果音なし)では笑えないんじゃないかという。

それは動画編集でつけられた効果音やスーパーテロップで「ここ笑うところですよ」と

支持されないと面白いところなのか判断できないということらしいです。

確かにそれは大いにあると思います。

テロップとかを編集でつけて、効果音をポップな感じにすれば一気にバラエティ番組っぽい動画になる。

また、語りの音声を中心に音楽を付けて映像を組み込んでいけばドキュメンタリー番組っぽい動画になる。

いわば編集によって動画の方向性までもが示せる。

もちろん前提として内容自体に沿った編集でなければいけませんが・・・

(天邪鬼的な編集したら面白い映像に、それはそれでなるのかも)

なので自分の動画のジャンルに近いテレビ番組を見て

編集の仕方(BGM、テロップ、効果音)を真似していけば、

テレビ番組のような上手な編集ができるようになっていくんだと思います。

今一番勉強になるのはやはりテレビを見てとことん真似していくこと。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。