【面白科学実験室】ダイラタント流体って知ってる?あの力加えると固くなる液体だよ




僕自身ダイラタント流体に関して詳しいことはわかりませんが、一見液体のように見えるものが外部から力が加わることにより硬化するものだと認識しています。

今回はそれを作って遊びました。作り方は実に簡単。

【用意するのも】

・片栗粉
・水

【作り方】

1.片栗粉を容器に出す
2.水を少しずつ混ぜる

書いてみれば実に簡単だが、僕はここだけの話一回敗をした。水を入れすぎて全くダイラタント状態にならなかったのだ。水気を飛ばせばいけるかなと思い、火にかけたが駄目だ。巨大な謎の塊を作っただけになった。

そんな状況に陥らないために、本当に慎重に水を加えていこう。少量ずつだ。もうなんなら水すくねぇんじゃね?くらいでいい。

そうして調節していけば、いつしかダイラタント流体が出来上がっている。あとはいじくり倒して遊ぶだけである。この感覚は本当に面白い。

握ったら塊、緩めればとたんにだらーんと垂れていくのである。ある程度こねくり回して飽きてきたら、次のステップへ進もう。そう、振動を与える。

電動マッサージ機なんかあれば、完璧である。汚れるかもしれないのでタオルかビニールをかぶせて使うと良いでしょう。

マッサージ器をダイラタント流体の入った容器に押し当てる。するとすごく面白いことが起きる。ダイラタント流体が踊りだすのだ。フラダンス系ではない、完璧にアニメーションダンスに近い。

僕はやろうとして失敗しましたが、ほかの方の動画を見ると、振動を与えると、沈めた軽いものは浮いてきて、浮かせて重いものは沈んでいくようです。

今度挑戦します。

それでは楽しく親子で実験してみましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。