微速度撮影(タイムラプス)を24時間360度回転させながら行うのは可能なのか。

微速度撮影でこれできたら面白いなというものがあります。

それは24時間撮影+360度回転させるというもの。

少しわかりづらいかもしれませんが、1時間に一周する回転盤のような物の上にカメラを固定して

24時間撮り続けたいということです。

問題点は大きく3つ。

・24時間微速度撮影できるバッテリーを備えたカメラがあるのか
・24時間分の写真を撮り続けられるカメラがあるのか
・24時間低速で回転し続ける基盤があるのか

1つ目の問題は案外簡単で、線をつないでプラグから電力を供給し続ければいいだけだと思う。

知っている範囲で、GoProカメラとソニーのアクションカムHDR-ASシリーズはUSB供給しながらの

撮影が可能。アクションカムは微速度撮影に向いていると思う。

2つ目の問題を詳細にすると、微速度撮影できる最大上限枚数がカメラによって決まっていたりする。

ソニーアクションカムのHDR-AS15だと4万枚らしいです。

これは1秒間に20フレームなどという無謀なことをしない限り問題ないと思います。

3つ目の問題が個人的には一番厄介だと言える。

回転させるならモーターだと思うかもしれませんが、低速で回るというものはなかなか(?)ない。

電子系に詳しい友人に聞いても、歯車を使えば可能なんじゃないかというぐらいの

回答しか得られなかった。そこまでの技術は僕にはない。そこで

少し調べたらキッチンタイマーを使うという技があるらしい。

キッチンタイマーに穴をあけたりして改造すれば使える道具に成る。

素晴らしいアイディアだと思います。しかしキッチンタイマーであり1時間程度しか設定できない。

24時間などありえません。実際キッチンタイマーの24時間を使う調理などないでしょうし。

そこをどうするか。

悩ましい。

ケーブルをつなぎっぱなしでカメラを回したら軸に絡まって大変なことになるんじゃないかと

思う方がいるかもしれませんが、そこは恐らく問題ありません。

最初から回る方向と反対方向に巻いておくなり、ちょくちょくケーブルを抜いて絡まりを直すなり、

とてつもなく長いケーブルを用意するなどで打開できるだろう。

うーん。何かいいやり方はないだろうか。

これが出来たら個人的にやってみたいのが、

カメラを車の上に固定し、回転させながら24時間のドライブ映像を撮ってみたい。

面白そうじゃないですか?笑

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。