残されたジャンルは何だ!? -YOUTUBEチャンネルで人気のあるジャンルと人物?-

YOUTUBEのチャンネルには様々なものがあります。

・ゲーム実況
・コメディ
・音楽
・ハウツー
・ドッキリ
・Vlog
・動物
・旅行
・ニュース/政治
・自動車/乗り物
・映画
・レビュー
・教育番組
・おバカ実験(やってみた)

などなど、ほとんどのチャンネルはいずれかに属すると思う。もちろん各ジャンルを横断的に行っているチャンネルがほとんどである。

つまりいずれかのジャンルで地位を獲得できればYOUTUBEで成功できる。

しかし各ジャンルには、ある程度地位を築いたチャンネルがある。

日本の場合は、

ゲーム実況 - 赤髪のとものゲーム実況チャンネル!!、兄者弟者
コメディ - Amusing MEGWIN TV 毎日面白動画
音楽 - Goose house
Vlog - Ari Keita
レビュー - ジェット☆ダイスケ、Hikakin

・・・

きりがないので、以上で。

とりあえずある程度地位を確立しているチャンネルがあるわけです。

その隙間を狙っていくのがやはり正攻法だと思うわけです。

各ジャンルの動画を出しつつ、ニッチなジャンルで地位を確立するような動画も出す。

あとジャンルをミックスしたものもいいような気がします。

例えば、ゲーム中のありえない場面から即興コント始まる(ゲーム実況&コメディ)とか・・・

他にも海外ではジャンルが確立されているのに日本に来ていないものもあるような気がします。

例えば、スーパースロー映像を使った実験場面の撮影なんかありますよね。

ちょっとわかりずらいと思いますので、動画を出します。

こういうやつです


英語が全く分からなくても映像だけで面白い。まだ日本には専門にしているチャンネルはないですよね。

いや、しかしハイスピードカメラっていうのは恐ろしいほど高い。そっか、そういう理由でやる人がいないのか・・・

ハイスピードカメラを買う余裕があったら絶対やりますけどね。

他にもドッキリ系の動画チャンネルもないような気がします。海外ではすごく人気です。

しかしこれも日本ではできないかもしれませんね。日本の一般の人ってドッキリに恐ろしく反応が悪いと思うんですよ。

多分笑って許してくれないだろうし、リアクションもよくないだろう。これも難しい・・・

うーん、残されたジャンルは何だ!?

コメント

このブログの人気の投稿

はじめしゃちょーはデラックスのことを嫌いなのか。

物の振動を拾うピックアップマイクなるものを自作してみる。 自作すると激安で作れる。