投稿

5月, 2014の投稿を表示しています

オードリー春日がテレビでよく紹介しているアメちゃんドリンクを作ってみた。

イメージ
オードリー春日がテレビでよく紹介しているアメちゃんドリンクを作ってみました。

作り方は簡単。水にアメをいくつか入れるだけです。

今回は500mlの水とシークヮーサーアメ5個で作りました。


いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第十四回 「ARUFARU」

イメージ
今回の紹介チャンネルは「ARUFARU」さんのチャンネルです。

ご存知の方も多いと思いますが、アルファブロガーARuFaさんのチャンネルです。

知らない方のために一応説明しますと、ARuFaさんは「ARuFaの日記」というブログを書いており、

かなりの読者を持つブロガーなのです。

というわけで、動画主体ではなく、あくまでブログのための動画チャンネルという位置づけだと思います。

しかしブログを一切見なくても動画で楽しめる。

ほとんどの動画がかなりシュールな映像になっており、じわじわ来る笑いを好む人も多いのではないかと思います。

例えば





シュールさを感じることができましたでしょうか。

ブログを読んでから見たほうが1.4倍ぐらいは面白いかと思いますので、どうぞ。

なお現在は勤め人のようです。会社も面白グループのようなところです。

【今回の紹介チャンネル】

ARUFARU
https://www.youtube.com/channel/UCXoriFJl1Bk_ghBbNqLtw9A

ニートの一日の生活に興味はありませんか。 -ニートの一日24時間モニタリング-

イメージ
ニートの一日の生活に興味はありませんか。

ある人は多いと思います。

それを公開させていただこう。

僕は今現在自他ともに認めるニートといわれる存在であろう。

その僕の1日を公開することによってニートの一日をモニタリングしていただきたい。

もちろん一日丸ごとビデオを回すとみる人も24時間ニートのようにパソコン画面に張り付かなければならない。

そんなことにならないように、タイムラプス映像にしました。

恐らくタイムラプス部門初のニート観察であると自負しています。

三つの動画に分け、それぞれ3,4分になっています。

ではご覧ください。

1. 0:00~9:00


2. 9:00~15:50



3. 18:20~24:00


お気づきの方もいると思いますが、15:50~18:20までありません。

実は撮影していたスマートフォンが勝手に自動停止していました。

さすがに長時間の撮影は不安定なようです。

さて、ニートの皆さん。これがスタンダードなニートだとすると、あなたはどの辺にいますでしょうか。

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第十三回 「The Slow Mo Guys」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「The Slow Mo Guys」さんのチャンネルです。

海外のチャンネルなのですが、英語がわからなくても問題ありません。

チャンネル名にある通り、スーパースローでいろいろな実験を撮って動画にしています。

個人的にスロー映像とかが好きなこともありますが、皆さんも楽しめると思います。

実験自体も趣向を凝らしているというか、ちょっと変わった実験ばかりです。

例えば、スイカに輪ゴムをかけていきいつ破裂するかというもの


や、プールの中で銃をぶっ放してみるというもの


これは絶対面白いですよね。

本当にその辺に1000万ぐらい落ちていたらハイスピードカメラ買ってやりたいです。

カメラがかなり高いので、そこがすごくネックです。

恐らく日本のチャンネルにはまだない部類なのでウケること請け合いです。

心優しきお金持ちの方、ぜひ出資してください。10年後には返せると思います。笑

【今回の紹介チャンネル】

The Slow Mo Guys
https://www.youtube.com/channel/UCUK0HBIBWgM2c4vsPhkYY4w

残されたジャンルは何だ!? -YOUTUBEチャンネルで人気のあるジャンルと人物?-

イメージ
YOUTUBEのチャンネルには様々なものがあります。

・ゲーム実況
・コメディ
・音楽
・ハウツー
・ドッキリ
・Vlog
・動物
・旅行
・ニュース/政治
・自動車/乗り物
・映画
・レビュー
・教育番組
・おバカ実験(やってみた)

などなど、ほとんどのチャンネルはいずれかに属すると思う。もちろん各ジャンルを横断的に行っているチャンネルがほとんどである。

つまりいずれかのジャンルで地位を獲得できればYOUTUBEで成功できる。

しかし各ジャンルには、ある程度地位を築いたチャンネルがある。

日本の場合は、

ゲーム実況 - 赤髪のとものゲーム実況チャンネル!!、兄者弟者
コメディ - Amusing MEGWIN TV 毎日面白動画
音楽 - Goose house
Vlog - Ari Keita
レビュー - ジェット☆ダイスケ、Hikakin

・・・

きりがないので、以上で。

とりあえずある程度地位を確立しているチャンネルがあるわけです。

その隙間を狙っていくのがやはり正攻法だと思うわけです。

各ジャンルの動画を出しつつ、ニッチなジャンルで地位を確立するような動画も出す。

あとジャンルをミックスしたものもいいような気がします。

例えば、ゲーム中のありえない場面から即興コント始まる(ゲーム実況&コメディ)とか・・・

他にも海外ではジャンルが確立されているのに日本に来ていないものもあるような気がします。

例えば、スーパースロー映像を使った実験場面の撮影なんかありますよね。

ちょっとわかりずらいと思いますので、動画を出します。

こういうやつです


英語が全く分からなくても映像だけで面白い。まだ日本には専門にしているチャンネルはないですよね。

いや、しかしハイスピードカメラっていうのは恐ろしいほど高い。そっか、そういう理由でやる人がいないのか・・・

ハイスピードカメラを買う余裕があったら絶対やりますけどね。

他にもドッキリ系の動画チャンネルもないような気がします。海外ではすごく人気です。

しかしこれも日本ではできないかもしれませんね。日本の一般の人ってドッキリに恐ろしく反応が悪いと思うんですよ。

多分笑って許してくれないだろうし、リアクションもよくないだろう。これも難しい・・・

うーん、残されたジャンルは何だ!?

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第十二回 「ハイサイ探偵団」

イメージ
今回の紹介チャンネルは「ハイサイ探偵団」さんのチャンネルです。

「ハイサイ」というのは沖縄の方言で「こんにちは」ということ。

ハイサイ探偵団は、いろいろなものに挑戦する動画チャンネルです。

あと一番の見どころはメンバーの個性。なかなかの個性派がそろっていますし

沖縄人なので会話に訛りがあり、それを聞いているだけでも面白い。

団体だという特性を生かしてイベントではっちゃけたりしている。

なんだか沖縄っていいなーと思える動画なのかもしれない。

動画は例えば






といった感じの動画がたくさんアップロードされています。

今現在も結構アクティブに更新されています。

こちらももともとはにこにこ動画出身らしいですよ。

【今回の紹介チャンネル】

ハイサイ探偵団
https://www.youtube.com/user/hittyaso

日本一のYOUTUBEチャンネル「HikakinTV」の視聴理由を探る!

イメージ
恐らくYOUTUBEに動画あげている人なら一度は抱いた疑問があると思います。

「どうやったら多くの人に見てもらえるか。」

あまり再生回数が伸びずに悩みますよね。そこでこうも思うわけです。

「どうして人気YOUTUBERの動画は見られるのか。」

正直クオリティの高いものが再生回数を伸ばしているわけでもありません。

そこにどういった理由があるのか。僕もふと疑問に思いアンケートをしてみることにしたのです。

やっぱりやるなら大きな土俵でということで、日本一のYOUTBEチャンネルHikakinさんのチャンネル。

某HikakinTV動画のコメント欄にてアンケートを行った。

実際の文を下記に示す。

---------------------

HIKAKINについてのアンケートをしているのですが、もしよろしければお答えいただけますか。
お答えいただける方は、このコメントに返信という形でお願いいたします。

【質問】
HIKAKINの動画を面白いと思う理由は何ですか。
詳細な説明を頂ければ幸いです。

※なお、回答100個までを最大回答数としアンケート結果を出したいと思います。

---------------------

有効回答数は少ないですが30件程度集まりました。

その30件でランキングを作成。動画にてまとめました。


意外だと思ったのが、「日課だから」という理由。

HikakinTVは毎日19時にアップロードされます。それを見るのが日課になっているので、

内容にかかわらず見るという。

毎日の日課に組み込むが勝ち。定時配信がいいですね。

いやしかし、毎日同じ時間に配信するっていうのは凄い。本当にすごい。尊敬します。

YOUTUBEの裏ワザを片っ端から試してみる(映像あり)

イメージ
YOUTUBEにはちょっとした裏コマンドがあるのをご存知でしょうか。

それを入力すると

ちょっと画面が動いたり、表示のされ方が変わったり、ゲームが現れたりと

多種多様な反応が現れます。

確認できたものを行って動画作成致しました。

1.ジェダイの力


2.フィボナッチ数列


3.30%カット



4.アメコミモード






5.スコッティ、転送頼む!





6.踊りだす検索結果



7.ポップで可愛いワンちゃん



8.ミサイル攻撃から動画を守れ!



他にもいくつかあったようですが、僕が行った時点では確認できなかったので試せませんでした。

動画やブラウザの仕様によっても発現しないこともあるようです。

何度もやることはありませんが、一度ぐらいは試してみてはいかがでしょう。

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第十一回 「えふやん」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「えふやん」さんのチャンネル。

いわゆる旅動画。もともとはにこにこ動画出身らしく、編集もすごく上手い。テレビ的。

いくつかシーズンがあって、毎回テーマを決めて旅をしている。

一番最初は関東中を回って美味しい食材を集め鍋をするっていう企画。

メンバーは4人。オーディションとかもしたらしく、それぞれのキャラも立っていて、かなり本格的なチャンネル。

チャンネルは一応個人だかが、制作自体は「新世界グル〜プ」で行っているらしい。

この新世界グループが何者なのか。

動画は例えば





などがあります。

顔出しがNGらしく基本的にイラストが顔にはかかっている。

あ、今調べたら、もともとはにこにこ動画で動画とか生放送していた人たちらしいね。

いわゆるエリート。そりゃあ面白いものができるわけだね。

というわけで旅動画が好きな人は大好きだと思います。

【今回の紹介チャンネル】

えふやん
https://www.youtube.com/channel/UC0prZIBaP6vsGziz5UsqAog

アンドロイド携帯で撮る微速度撮影(タイムラプス)に使えるお勧めアプリ(無料) ※機能制限なし

イメージ
タイトルの通り。

アンドロイドのfreeのアプリで唯一使えそうなタイムラプス撮影用のアプリを紹介します。

名前は[Time Lapse]という。これが無料のヤツでは唯一使えそう。

他にも結構タイムラプス用の無料アプリはあるんだけど、どこかが抜けてる。

有料版にしないと画質をあげられなかったり、撮影間隔を短くできなくなっていたり、

どこかしら使えない。

今回見つけたものも一応寄付という形で募ってはいるが、実質無料。

撮影コマ数は20/sec~1/secの幅あるし、撮影時間も1時間~1分+手動モード。

もちろん基本的な、画像効果とかホワイトバランス、露出なんかも設定できる。

というわけでアンドロイド携帯で手軽にタイムラプスを撮ることができる。

タイムラプスを撮るためにビデオカメラの購入を検討までしていため、これはうれしい発見であった。

また今度面白いタイムラプス映像が作れたら載せます。

【今回紹介したアンドロイド用無料微速度撮影(タイムラプス)アプリ】

Time Lapse
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lebedevsd.timelapse&hl=ja


インストールするとアイコンが生成されているので、そちらを開く。開いたらすでに撮影できるモードではあるが、周辺の機能を紹介しておきます。

【寄付】【再生】 
一番上のドルマークは寄付をする方向けのアイコン。
 二番目は再生、押すとギャラリーに飛び今まで撮ったものを再生できます。
【フレーム数】
三番目は1秒間に何枚とるかという設定。通常の動画が30フレームくらいなので、20だとちょっと不自然な動画というぐらいで、1フレームだとタイムラプスらしくなります。





【撮影時間】
四番目は撮影時間の設定、一番上の「STOP BY USER」が手動で止めるとうことですね。あとは時間が選べる奴です。
 【出力動画の質】
五番目は出力動画の画質。このアプリは撮影した写真を動画で出力してくれます。その出力動画の質が選べます。基本的に一番上のハイクオリティにしておけばいいです。
 【色の効果】
六番目は色の効果です。色の効果を選択できます。ノーマルとかモノクロとかセピアとかネガなどです。
 【遅延】
これ僕自身も何かわかってないですが、遅延なんで撮影開始ボタンを押してから何分後かに…

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第十回 「日本エレキテル連合の感電パラレル」

イメージ
今回の紹介チャンネルは「日本エレキテル連合の感電パラレル」さんです。

これはもうまさにプロのお笑いチャンネルといえばよろしいでしょう。

あの爆笑問題の事務所タイタンに所属するお笑いコンビのチャンネルのようです。

女性二人のコンビで毎日動画をアップロードしています。

さすがプロの技というか、素人のネタ動画よりはクオリティが格段に上です。

例えば





などがあります。どうでしょうか。

民法テレビでコントを見ているようですね。

若手のお笑いの方などは、YOUTUBE進出するのが意外と有名人になる近道なのかもしれませんね。

気軽にできますし、ネタが素人より少し面白ければ人気が出ると思います。

【今回の紹介チャンネル】

日本エレキテル連合の感電パラレル
https://www.youtube.com/channel/UC9kkLTFR6fS3uJB75yx0idg

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第九回 「yukai1103」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「yukai1103」 さんのチャンネルです。

Peeping Life という動画を見ていたら関連動画として出てきた動画。

お◯◯けバカップル 彼女役(本人)が実写で再現してみた」 という動画

※Peeping Lifeの動画に「おのろけバカップル」という作品があり、その声優が実写で再現したというもの

実写でも面白い。

そこをたどってチャンネルの他の動画も見たのですが、それらも結構シュールで面白い。

劇団員か何かなんでしょうか。演技力というかアドリブ(ぽい演技?)が面白いといった印象です。

例えば





などがあります。どうですか。なんだか癖になってきますよね。

今後ともぜひ頑張って活動してほしいですね。

いやーちょっと芝居を生で見てみたいです。動画の説明欄に芝居の日程や人物紹介が

ありましたので、見てみて下さい。

【今回の紹介チャンネル】

yukai1103
https://www.youtube.com/user/yukai1103/videos

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第八回 「Anime Bancho」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「Anime Bancho」 です。

言わずと知れたオタク君などが出てくるアニメのチャンネルです。

あの「Peeping Life」というアニメは、設定のみを与えられ

セリフはアドリブというから凄い。録音ありきでアニメーションを付けるらしい。

いやーこれはクレヨンしんちゃんとかちびまる子のような感じで

だらっとずっと見ちゃいますね。

例えば





などがあります。

そうそう。ヴィレッジバンガードとかで流されているのをよく見ましたね。

日常でありそうな会話のやり取りに思わず笑ってしまうという。

ちなみにPEEPというのは「覗き見る」という意味。

【今回の紹介チャンネル】

Anime Bancho
https://www.youtube.com/user/AnimeBancho

時短を確実に行える一つの方法

時短を確実に行える一つの方法。

それは映像を倍速で見るということ。

僕の実感では、日本語であれば2倍速までならば理解することができました。

ですが、ちょっと聞き取りずらいので1.5倍ぐらいがちょうどよいと思います。

余韻や間を楽しむ映画などには向かないかもしれませんが、

バラエティや情報番組なら倍速で視聴していても楽しめます。

皆さんもぜひ倍速で時短してみてください。

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第七回 「kenjikrbc」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「kenjikrbc」さんのチャンネルです。

恐らく市原賢治さん個人のチャンネルです。

芸大出身者ということもあり、構成や編集がやはり上手です。

内容は内輪ノリ的なものを感じますが、他人の僕が見ても面白いです。

例えば、こんなもの





などがあります。

ロマンス少年というサークル?の動画も関連動画としてあります。

そちらでも中心に活動していたようで、そちらも動画もなかなか面白いです。

【今回の紹介チャンネル】

kenjikrbc
https://www.youtube.com/channel/UCDP-1wCDr4J4h8tq34JUT3Q

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第六回 「コマドリストのコマ撮りチャンネル Stop Motion channel」

イメージ
今回紹介するチャンネルは「コマドリストのコマ撮りチャンネル Stop Motion channel」です。

チャンネル名になっている通り、コマドリの動画を制作している方のチャンネルになります。

これがまたすごい。コマドリアニメーションというのでしょうか。

ものを配置して写真をぱしゃり、ちょっと動かして写真をぱしゃりして

それらの写真を編集で繋いでアニメーションのようにするという大変な工程。

ただ撮るのも大変なものなのに、そこにストーリー性があるからまたすごい。

一部をご覧ください。






などがあります。

コマ撮りという表現の素晴らしさを感じてしまいますよね。

大変根気のいる作業だとは思いますが、出来上がったものを見ると達成感がありそうです。

【今回の紹介チャンネル】

コマドリストのコマ撮りチャンネル Stop Motion channel
https://www.youtube.com/channel/UCFsWCox1bd4vNeJs3J-aieA

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第五回 「腹切万歳」

イメージ
今回は過激なチャンネルを紹介したいと思います。

「腹切万歳」さんのチャンネルです。

かなり過激な動画を多数あげているチャンネルになります。

チャンネルの説明に、「現行のTVでは流さなくなった」とあるように実際にテレビでは流せないような

映像が多くあります。痛いものやグロテスクなものが苦手な人は視聴をお控えください。




などがあります。

賛否両論ある動画ではありますが、そういう意見、表現をできる場所がネット上であり、

それを最大限に生かした活動であると個人的には思います。

【今回の紹介チャンネル】

腹切万歳
https://www.youtube.com/channel/UCYMhT-tAnjylRalCK1QyiBg

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第四回 「VICE Japan」

イメージ
今回紹介するのは「VICE Japan」チャンネルです。

内容はジャーナリズム系の動画になっております。

世界30以上の地域に支部を持っているデジタルメディアの日本支部チャンネル。

現行のTVではあまり放映されないような内容(TATOO,ドラッグ、ネオナチ)などが主。

BAZOOKAのような番組が好きな方は好んで視聴できると思います。

例えば



とか

などがあります。

ネット上でしか流せないようなものもあるような気がして、民法テレビとの棲み分けが

今後加速していけば面白いと思いますね。

【今回の紹介チャンネル】

VICE Japan
https://www.youtube.com/user/VICEjpch

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第三回 「morishowta」

イメージ
今回紹介させていただくのは「morishowta」さんのチャンネル。

言わずと知れた仕込みiPhoneの人です。
いやーとりあえずYOUTUBEの動画で一番好きです。
何とも編集が素晴らしくいい。テンポがいいし、何より映像の素材がいい。
頭の中を見てみたいものです。
例えばこういうの

とか

などがあります。一般社会では変人の部類なんでしょうか。
何はともあれ映像としてはすごくインパクトありますし、面白い。
一度見ると虜になってしまうんではないでしょうか。
動画数は少ないですが、たまに新しいものが上がっています。
【今回の紹介チャンネル】
morishowta https://www.youtube.com/user/morishowta

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第二回 「2200年TV」

イメージ
今回紹介するのは「2200年TV」です。

なんといっても編集が民法のテレビ的。

ご覧ください。


とか、


こんな感じです。企画から構成から編集から全部テレビ的な感じです。

目標はテレビで使われることなんだろうか。

ともあれ、テレビに慣れ親しんだ方々にはすごく見やすい動画になっております。

【本日の紹介チャンネル】

2200年TV
https://www.youtube.com/user/2200TV

いや、本当に勝手にだけどYOUTUBEの面白いチャンネルとか人を紹介する 第一回 「無駄づくり/MUDA-DUKURI」

イメージ
記念すべき?第一回目は「無駄づくり/MUDA-DUKURI」というチャンネル。

藤原麻里菜(ふじわらまりな)さんのチャンネル。
無駄づくりとタイトルの通り基本的には無駄なものを作って毎日動画を挙げています。
例えば、こんなの

とか、こんなの

どうですか。無駄でしょう。笑
チャンネル名からして本人に自覚と時間があるのは確認できます。しかしながら、かなり器用だと思います。
藤原さんはよしもとクリエイティブエージェンシー所属の芸人だそうです。
シュールさが何ともいいですよね。
というわけで今回の紹介は「無駄づくり/MUDA-DUKURI」さんでした。
【本日の紹介チャンネル】
無駄づくり/MUDA-DUKURI https://www.youtube.com/user/mudadukuri